副業に関する就業規則の書き方や見方とは?【社労士解説まとめ】

副業の規程は就業規則のどの項目にある?

昨今、副業を認める動きが見られるようになりましたが、就業規則のどの項目に副業のことが書かれているかご存知でしょうか。

ここでは、就業規則のどの項目をみれば副業のことが書かれているかはもちろん、副業を行う上での4つのハードルについて社労士に解説してもらっています。

>>【就業規則】副業の項目はどこ?副業の4つのハードルとは?社労士が紹介

副業禁止する場合、就業規則の書き方は?

副業を推進することがトレンドになっていますが、経営判断によっては副業禁止したい企業も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、副業のメリット・デメリットを挙げた上で、副業禁止を就業規則に書く場合のポイントについて社労士に解説してもらいました。

>>【就業規則】副業禁止の書き方とは?3つのポイントを社労士が解説

就業規則に副業禁止と書いていない場合は?

就業規則は会社のルール・秩序を定めたものであり、また社員としての義務と権利が記載されています。

では、副業について書かれていない場合の扱いはどうなるのでしょうか?

ここでは、就業規則に副業禁止が書かれていない場合の考え方や実際に副業を行った場合のリスク等について社労士が解説しています。

>>就業規則に副業禁止と書いてない場合は副業OK?NG?社労士が解説

人材採用・育成・組織強化ガイドブックを無料進呈中

【中小企業の経営者・人事担当者向け】優秀な人材の採用、組織に定着する社員の育成に必要な基礎知識を無料で公開中。

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。(全59ページ)

>>詳しい内容・無料ダウンロードはこちら

吉村和也

社労士

吉村社会保険労務士事務所 HPはこちら

すぐ実践できる!
人事ノウハウ集をプレゼント

【無料】人材採用・育成・組織強化ガイドブック

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。
(全59ページ)

【内容 ※一部抜粋】
・最高の採用につなげるための会社基盤の整え方
・会社認知度を上げて人材を集めるには
・真の人材を見抜く3つのポイント
・離職原因を分析し、採用ミスマッチを防ぐには

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.04.12
    【就業規則】副業禁止の書き方とは?3つのポイントを社労士が解説 就業規則(副業)

  2. 18.04.11
    【就業規則】副業の項目はどこ?副業の4つのハードルとは?社労士が紹介 就業規則(副業)

  3. 18.04.13
    就業規則に副業禁止と書いてない場合は副業OK?NG?社労士が解説 就業規則(副業)

Menu