残業問題まとめ!平均時間・上限規制・違法性など【社労士解説】

残業の平均時間は?厚労省と民間のデータから読み解く

「日本人は働きすぎ」とよく耳にします。実際はどれくらいの残業時間なのかご存知でしょうか?

過剰な残業は、ときに「過労死」を引き起こします。

今回のコラムでは、残業の平均時間を厚労省や民間のデータからご紹介し、残業の平均時間から見えてくる問題について社労士に解説してもらいました。

>>残業の平均時間って?厚生労働省と民間のデータから社労士が解説

残業60時間は多い?違法?

残業時間が短ければ、心身への負担は少なくなる可能性が高い一方で、納期が迫りやむを得ず残業が増えたり、長時間残業が当たり前といった会社も少なくないのではないでしょうか?

そこでここでは、残業60時間が多いのか、違法性はあるのかについて社労士に解説してもらいました。

>>残業60時間は多い?違法?社労士がポイントを解説!

残業時間の上限規制って実質、青天井?

残業時間の上限規制は、働き方改革に関する法案に含まれていて、

今回は現状(2018年4月時点)の労働基準法や36協定を踏まえて、残業の青天井が可能かどうかや、働き方改革関連法案が施行された場合の残業の上限規制について社労士が解説しています。

>>残業時間の上限規制って実質青天井?これからの働き方は?社労士が解説

残業60時間で給与の割増はどれくらい?

残業が発生すると気になるのが給与の割増額かもしれません。

ここでは残業60時間を目安に、残業代の割増率や残業代の支払い対象外となるケースについて社労士に解説してもらいました。

>>残業60時間で給料の割増はどれくらい?社労士が目安を解説

残業の平均時間の計算方法や割増賃金率は?

残業の平均時間といっても、時期や部門、勤続年数などの要素によって、同じ会社でも大きく変わってくるケースがあります。

求人票に書かれた平均残業時間と実態に乖離があることも決して少なくありません。

ここでは、平均残業時間の計算方法はもちろん、平均残業時間の意味や読み取り方について、社労士に解説してもらいました。

>>残業の平均時間の計算方法とその意味とは?社労士が解説

固定残業代に含まれる違法性とは?

固定(みなし)残業代とは、毎月の給与の中に予め必要な残業時間を盛り込み、支払う制度です。

実際よりも短い勤務時間で残業代が得られるメリットもあるが、そこにはリスクも存在する。

ここでは、固定残業代に含まれる違法性や基本給との関係を、社労士が解説します。

>>【固定残業代】メリット・違法性・基本給との関係を社労士が解説

残業の強制は可能orパワハラ?社労士が解説

労働基準法では、1日8時間、1週間で40時間を超える残業は禁止されています。

これは、社員もパートも派遣社員も同じ条件です。

ここでは、パワハラになりうる残業の強制など、社労士に解説してもらいました。

>>残業の強制は可能?パワハラ?派遣・パートの場合は?社労士が解説

人材採用・育成・組織強化ガイドブックを無料進呈中

【中小企業の経営者・人事担当者向け】優秀な人材の採用、組織に定着する社員の育成に必要な基礎知識を無料で公開中。

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。(全59ページ)

>>詳しい内容・無料ダウンロードはこちら

吉村和也

社労士

吉村社会保険労務士事務所 HPはこちら

すぐ実践できる!
人事ノウハウ集をプレゼント

【無料】人材採用・育成・組織強化ガイドブック

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。
(全59ページ)

【内容 ※一部抜粋】
・最高の採用につなげるための会社基盤の整え方
・会社認知度を上げて人材を集めるには
・真の人材を見抜く3つのポイント
・離職原因を分析し、採用ミスマッチを防ぐには

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.10.23
    残業の強制は可能?パワハラ?派遣・パートの場合は?社労士が解説 残業

  2. 18.10.25
    【固定残業代】メリット・違法性・基本給との関係を社労士が解説 残業

  3. 18.04.20
    残業60時間は多い?違法?社労士がポイントを解説! 残業

  4. 18.05.01
    残業の平均時間の計算方法とその意味とは?社労士が解説 残業

  5. 18.04.27
    残業時間の上限規制って実質青天井?これからの働き方は?社労士が解説 残業

  6. 18.04.18
    残業の平均時間って?厚生労働省と民間のデータから社労士が解説 残業

Menu