【社労士解説】パワハラ問題まとめ〜定義・対策・事例・相談先・訴訟〜

パワハラの定義やチェックポイントは?

パワハラ問題は近年社会問題としてニュース等で取り上げられる機会が増えてきています。

企業でも様々なパワハラ対策が行われていますが、「この状況がパワハラなのか…」と悩み、一人で抱えてしまうケースも存在します。

そこで今回のコラムでは、パワハラの定義やパワハラの6つの代表例などについて、社労士に解説していただきました。

>>パワハラの定義・チェック項目・事例・リスクを社労士が解説

企業が導入すべきパワハラ対策とは?

社内でパワハラが発生してしまったり、パワハラになりそうな状況がある一方で、パワハラ対策の方法が分からず、導入に二の足を踏んでいませんか?

パワハラ対策の導入といっても莫大な費用を掛けなくてもできることがあります。

そこでこのコラムでは、予防・対処の両面から企業のパワハラ対策の導入のポイントについて社労士に解説してもらいました。

>>パワハラ対策!企業が導入すべき5つの予防策と対処法を社労士が解説

パワハラ対策導入マニュアルは?

パワハラが起きた場合の対策マニュアルはちゃんと準備していますでしょうか?

パワハラに関する相談を放置して、後々大きなトラブルにならないためにも、しっかり対応していく必要があります。

実は、パワハラ対策導入マニュアルは厚生労働省からも出されています。

今回は、社労士の立場から、厚生労働省のマニュアルを踏まえて、実践的な活用方法をご紹介します。

>>パワハラ対策の導入マニュアル!5つの手順を社労士が解説

パワハラになる発言・行為の事例って?

パワハラと一言で言っても、どんな発言や行為が該当するか迷うケースも多いですよね。

パワハラの発端は、言った方に悪気がないケースも少なくありません。

そこでこのコラムでは、パワハラ事例を通じて、NG発言・行為について社労士に解説してもらいました。

>>【パワハラ事例】NG発言&行為に潜む7つの大罪とは?社労士が解説

パワハラ対策に録音は有効?注意点は?

パワハラは認定されるのが難しいと言われていますが、録音などの証拠があるとどうなるでしょうか?

「相手方の同意を得ないで行った録音は違法であり、証拠として無効」という声もありますが、実際はどうなのでしょうか?

そこで今回は、パワハラ対策としての録音に効果があるかや録音する際の注意点について社労士に解説してもらいました。

>>パワハラ対策に録音は効果的?5つの注意点を社労士が解説

メールや電話でのパワハラ相談先は?

パワハラに悩んでいる場合、会社にいる上司や同僚ではなく、まずは社外の第三者に相談をしたいと思うこともあると思います。

ただ、社外となると一体どこに相談するのが良いのか、メールや電話で相談したい場合について、ネットで探してみてもいまいち分からないという人もいるのではないでしょうか?

そこで、パワハラ相談を社外にする場合で、メールや電話できる相談機関を社労士にご紹介してもらいました。

>>【パワハラ相談】メールや電話で24時間相談可能な場所は? 社労士が紹介

パワハラ相談で労働局等を活用するには?

社内のパワハラを行政機関に相談したい場合、どこが相談先として適切かご存知でしょうか?

労働行政は、労働基準監督署・ハローワーク・労働局の3つの機関が担っていて、それぞれの役割を知っておく必要があります。

そこで今回は、パワハラ相談をしたい場合の行政機関の活用法について社労士に解説してもらいました。

>>【パワハラ相談】労働局・労基署・ハローワークの活用方法とは?

パワハラ上司の特徴や性格は?

毎日の職場で、上司の言動に悩んでいませんか?もしくは、自分の上司にパワハラ気質があるかもと感じていませんか?

パワハラ上司の特徴や性格は、人の内面にも係わってくるので千差万別ではあります。

そこで、パワハラ上司の特徴や性格を説明する上で、「ルパン三世」を例に挙げて社労士に解説してもらいました。

>>パワハラ上司の特徴と性格とは?ルパン三世を例に社労士が解説

パワハラ上司との付き合う方法って?

パワハラと思われるような発言や行為を繰り返す上司とは、できれば付き合いたくありません。

しかしながら、会社生活を送っていれば、一定期間そのような上司の下につくことは残念ながらあり得ます。

パワハラ上司のせいで、ご自身のキャリアを台無しにしないためにも、そのような上司との付き合い方について社労士に解説してもらいました。

>>パワハラ上司との付き合い方って?3つの要点を社労士が解説

パワハラ上司は辞めさせられる?

パワハラ上司に対して「こいつさえいなければ…」「復讐したい…」と感じてしまうことってありますよね。

ネットにはパワハラ上司への復讐として辞めさせる方法を取り上げている記事もありますが、冷静になって対処する必要があります。

そこでこのコラムでは、パワハラ上司を辞めさせることができるのかについて、社労士に解説してもらいました。

>>パワハラ上司に復讐したい…辞めさせることって可能?社労士が解説

パワハラを訴えるための証拠とは?

パワハラを受けて我慢の限界を超えたために訴えたいと思ったり、あるいは企業の人事関係の方がパワハラ相談を受けているのだけれども、証拠がないために判断に困っている、ということがあります。

ところがパワハラを直接定義する法令がなく、定義も明確に法制化されていませんのが、どこに訴えるにしても、被害を具体的に説明するには証拠が重要になります。

>>パワハラを訴えるには?準備に必要な証拠を社労士が解説

パワハラで訴える方法や費用は?

パワハラを受けていて、訴える方法を具体的に検討するために情報収集を始めたあなたへ。

パワハラの状況にもよりますが、訴えたことで何かリスクを負いたくないですし、費用もあまりかけたくないのが本音ではないでしょうか。

今回は、パワハラで訴える方法について、無料から有料のものまでを社労士にご紹介してもらいました。

>>パワハラで訴えたい!訴える先は?費用は?社労士が解説

パワハラで訴えられそうな場合の対処法は?

ある日、部下からパワハラで訴えられそうな状況になったらどのように対処するでしょうか?

訴えるといっても、人事部や相談窓口、民事訴訟などさまざまです。

そこで、パワハラで訴えられそうになった場合の対処法について社労士に解説してもらいました。

>>パワハラで訴えられそう…5つの対応策を社労士が解説

パワハラでの退職に慰謝料って出る?

パワハラを理由に退職に追い込まれ、慰謝料を請求できるなら請求したいと思っている人もいるでしょう。

慰謝料や和解金について、どの程度の請求が可能なのか、社労士に紹介してもらいました。

>>パワハラによる退職に慰謝料って出る?出ない?社労士が解説

パワハラでの退職は自己都合?会社都合?

パワハラが限界で退職を考える場合、自己都合か会社都合かによって雇用保険の保障が変わっていきます。

離職後の生活に関わってくる部分ですので、退職を検討している人は慎重に進める必要があります。

そこで今回は、パワハラを原因とする退職の扱いについて社労士に解説してもらいました。

>>パワハラ退職は会社都合退職になる?離職者・会社への影響を社労士が解説

パワハラ退職は即日可能?

パワハラを理由に、ある日突然、社員が即日退職をしたいと言ってきて、上司が慌てることもあるかもしれません。

「即日退職」はそもそもOKなのでしょうか?正社員や契約社員など雇用形態によって変わることはあるでしょうか?

今回は、パワハラを理由に即日退職の申し入れがあった場合について、社労士に解説してもらいました。

>>パワハラでの退職は即日可能?正社員と契約社員での違いは?社労士が解説

パワハラ問題・番外編

財務省で記者に対するセクハラの報道があり、事務次官は辞意を表明するといったことが起きました。

セクハラ問題はすでに顕在化している企業も少なくないと思いますが、対応を誤ると大きなトラブルが生じるリスクもあります。

そこで今回は、財務省の騒動を踏まえて、セクハラ防止に向けた取組みについて社労士に解説してもらいました。

>>財務省とテレビ朝日から学ぶべきセクハラ問題のポイントとは?社労士が解説

人材採用・育成・組織強化ガイドブックを無料進呈中

【中小企業の経営者・人事担当者向け】優秀な人材の採用、組織に定着する社員の育成に必要な基礎知識を無料で公開中。

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。(全59ページ)

>>詳しい内容・無料ダウンロードはこちら

吉村和也

社労士

吉村社会保険労務士事務所 HPはこちら

すぐ実践できる!
人事ノウハウ集をプレゼント

【無料】人材採用・育成・組織強化ガイドブック

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。
(全59ページ)

【内容 ※一部抜粋】
・最高の採用につなげるための会社基盤の整え方
・会社認知度を上げて人材を集めるには
・真の人材を見抜く3つのポイント
・離職原因を分析し、採用ミスマッチを防ぐには

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.03.05
    【パワハラ事例】NG発言&行為に潜む7つの大罪とは?社労士が解説 パワハラ

  2. 18.03.01
    パワハラ対策の導入マニュアル!5つの手順を社労士が解説 パワハラ

  3. 18.02.27
    パワハラ対策!企業が導入すべき5つの予防策と対処法を社労士が解説 パワハラ

  4. 18.04.05
    パワハラで訴えられそう…5つの対応策を社労士が解説 パワハラ

  5. 18.03.14
    パワハラ対策に録音は効果的?5つの注意点を社労士が解説 パワハラ

  6. 18.02.21
    パワハラの定義・チェック項目・事例・リスクを社労士が解説 パワハラ

Menu