離職・休職よりも大きな問題「プレゼンティーズム」とは?

産業場面における離職や休職の問題は、従業員のメンタルへルスとの関連から多くの企業・事業所で問題となっています。

2015年12月から義務化された従業員のストレスチェックも、離職・休職を未然に防ぐことを目的の1つとしています。

離職・休職との関連で重要なキーワードとなるのが、従業員の仕事のパフォーマンスがあります。

仕事のパフォーマンスは管理職や経営層にとって興味・関心の強いキーワードであるかと思います。

休職・離職の原因

従業員の健康状態によって起こる問題

・精神疾患

・肉体労働による身体的疲労や怪我

・頭脳労働・感情労働による精神的疲労やストレス

従業員が休職・離職するということは、仕事のパフォーマンスとして“ゼロ”の状態になるということであり、業務の一部が停止ないしは停滞することを意味します。

しかし、仕事のストレス等が原因で、突然、休職・離職という状態になることは、まずないだろうと考えられます。

つまりは、休職・離職の“事前サイン”となるパフォーマンスの低下というもの存在するわけです。

パフォーマンスの低下による影響

企業・事業所にとって従業員の休職・離職は明らかな損失ですが“仕事のパフォーマンス低下”も損失といえるでしょう。

パフォーマンスの低下により、同じ仕事に対して、以前より時間や人員が必要になったり、ミス・エラーが増えたりなどのビジネスにおける悪影響がいくつもあることが容易に想像できるかと思います。

そこで近年注目を集めているのがプレゼンティーズムアブセンティ―ムズという概念です。

プレゼンティーズムとアブセンティーズム

プレゼンティーズム

プレゼンティーズム(Presenteeism)とは「疾病勤務」とも訳されることがあり、出勤しているものの、パフォーマンスが低下している状態を指します。

アブセンティーズム

一方で、アブセンティーズム(Absenteeism)は仕事を休業している状態のことを指します。(absent = 欠席・欠勤)

一見すると「休業 = パフォーマンスが“ゼロ”」の方が大きな損失につながりそうに思えます。

しかし、大規模な調査研究の結果、プレゼンティーズムにおける経済的損失が非常に大きいことが報告されています。

つまり、休業することで起きる業務上の損失よりも、心身の不調を抱えながら勤務していることによる“パフォーマンスの悪さ”・“効率の悪さ”の方が、損失が大きいということです。

プレゼンティーズムの3つ原因

(1)首・肩・腰などの痛み

(2)ぜんそく等のアレルギー性疾患や症状

(3)うつ病・不安障害・睡眠障害などの精神疾患や精神症状

首・肩・腰などの痛みを原因とする場合、プレゼンティーズムはアブセンティ―ズムの約17倍もの損失額が発生しているという研究報告があります。

同様に、うつ病等の各種精神疾患(症状)の場合は約6倍、ぜんそく等のアレルギーの場合は約19倍の損失額にも及ぶとされています。

職場のストレスを抑える要因

プレゼンティーズムとアブセンティ―ズムは、ストレスとの関連性が強いものです。

週40時間以上の昼間勤務のあらゆる業種の従業員1000名以上を対象とした調査研究の結果、職場のストレス要因が低いと(改善されていると)、アブセンティ―ズム・プレゼンティーズムともにその程度が低く、仕事のパフォーマンスも高く、この傾向は業種には関係なく認められることが判明しています。

そして、職場のストレスを低く抑える要因としては、業種・性別を共通して、上司・同僚からのサポートが得られているか仕事のコントロールが従業員自身で可能かと関連が強いことが指摘されています。

従業員のストレスチェックや、その結果に基づく職場環境の改善は、企業・事業所にとって“お金のかかる問題”という認識が強いのではないでしょうか。

しかし、従業員がストレスを抱えたまま仕事をしているという状態は、仕事のパフォーマンスを下げており、結果として、企業・事業所は気付かないうちに“お金を失っている”と考えることができます。

真のパフォーマンスとは

また、パフォーマンスは人数に換算することができます。

1人が100%のパフォーマンスを発揮できてはじめて、それは“1人力”ということになります。

もし、1人で100人分のパフォーマンスが発揮できていれば“100人力”というわけです。

しかし、1人が50%のパフォーマンスしか発揮できていなかったとすると、半分の力で仕事をしているということになります。

仮に100人の従業員全員が50%のパフォーマンスで仕事をしているとすると、実質的には従業員数が50人であるということになってしまいます。

これは、ビジネス場面における様々な“なぜ?”のアンサーになるのではないでしょうか。

「なぜ、計画通りに進めているのに納期に間に合わないのか?」

「なぜ、十分な人数を割いて新規プロジェクトをスタートさせたはずなのに、なかなか進まないのか?」

これらは「実際の人数 = パフォーマンス」と考えてしまっているからです。

プレゼンティーズムの影響を考慮することで、実際の人数に惑わされずに“本当のパフォーマンス”を正確に把握することができるでしょう。

さいごに

日本において、まだプレゼンティーズムやアブセンティ―ズムは新しい概念という感覚ですが、欧米では産業場面における従業員のメンタルへルスに関する指標として確立されています。

日本においても、特にプレゼンティーズムについては、メンタルへルスの観点だけではなく、経営の観点からも重要なキーワードであるといえるのではないでしょうか。

 

参考資料

【厚生労働省】

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/houkoku12.pdf

 

【経済産業省】

http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkokeiei-guidebook2804.pdf

今関仁智

修士号(心理学)

奈良県立医科大学・研究員

すぐ実践できる!
人事ノウハウ集をプレゼント

【無料】人材採用・育成・組織強化ガイドブック

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。
(全59ページ)

【内容 ※一部抜粋】
・最高の採用につなげるための会社基盤の整え方
・会社認知度を上げて人材を集めるには
・真の人材を見抜く3つのポイント
・離職原因を分析し、採用ミスマッチを防ぐには

関連記事

Menu