【中小企業向け】テレワークを導入するには?事例5選をご紹介

テレワークとはICTを利用した時間や場所にとらわれない働き方で、2016年より政府が働き方改革の一環として推奨している新しいワークスタイルです。

背景としては、

・少子高齢化により減少の一途をたどる労働力の確保

・ブラック企業問題などにより浮き彫りになった労働者のワークライフバランスの問題

など、社会的な課題にコミットしつつ、より短時間で効率的な生産性の向上が求められていることが挙げられます。

しかし、長年タイムカードによる勤怠管理を実施してきた企業にとって社外での勤務を認めることは抵抗がありますし、なにより導入することでどんなメリットがあるのか疑問に思っている経営者の方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、中小企業がテレワークを導入するにあたっての好事例を5つご紹介したいと思います。

テレワークの好事例5選

テレワークが人材確保に役に立ったという事例は数多くあります。

人材確保につながった例①

ソフトウェア開発などを手掛けるA社は、育児休暇取得後に復帰する社員からの相談がきっかけでテレワークを導入しました。

育児中は出社前後に保育所への送り迎えをするなど時間がとられるため、時短勤務やパート勤務を選択するなどで時間を捻出しなければならず、遠方に住む社員にとっては特に育児休暇後の復帰に対する弊害となっていました。

テレワーク導入後は時短勤務を職場復帰ができる職場、「女性が働きやすい職場」として周囲の認識が進み、女性の新卒採用だけでなく、過去にIT業界で働いていた主婦層に対しての効果的なアピールとなり、求人の応募数が倍以上に跳ね上がりました。

人材確保につながった例②

地元自治体などへのシステム導入などの事業を手掛けるB社は、慢性的な人材不足に悩んでいました。

人口の少ない地方に立地しているため優秀なエンジニアの確保が難しく、都市部からUターンする人材を集めることで何とか工数を確保している状況でした。

そこでテレワークを導入し、「都市部にすみながら地方企業で働く」という発想の転換を行い、さらに副業OKという施策を合わせて実施しました。

実際には、少なくとも週1日の本社勤務が必要としているため、日帰りで往復できる範囲が応募資格となりますが、新しい働き方に共感して応募するエンジニアも多く、今では全社員の半数以上が週3日以上のテレワークを利用しています。

離職率対策での好事例①

テレワークは離職率対策としても有効な手段です。

Webデザインの制作などを行うC社は、郊外に住む社員が多いため、導入前は全社員の平均通勤時間は片道1.5時間、往復で毎日3時間ほどかかっていました。

また、冬季は雪のため通勤時間がさらに伸びることがあるなど、業務以外で長時間拘束されることに価値観を見出せずに、結婚や出産などを期に退職する社員は後を絶ちませんでした。

そこで、テレワーク制度を導入することで、大幅に離職率が改善されました。

希望する社員は週2回の自宅勤務、または時短勤務を選ぶことができる制度で、給与の減額がない自宅勤務を選択する社員が多いようです。

今のところ、自宅勤務が認められているのは週2回までですが、それでも週当たり6時間(通勤時間)の節約となるため、その分プライベートな時間に充当できます。

離職率対策での好事例②

人材紹介や派遣などのソリューション事業を展開するD社は離職率が高く常に社員募集を行っていました。

離職の原因は様々であると想定されますが、人材業界は人を相手とするためイレギュラーな対応が多く、業務量と拘束時間が比例しないことも日常茶飯事であり、それに嫌気がさして退職する社員は多いようです。

そこでD社は、面談や顧客対応などクライアントと対面で実施する業務以外は、オフィス勤務を義務付けせず自宅勤務を認めるテレワークを導入したところ、年間の離職率の半減に成功しました。

業務の予定はあらかじめ提出する必要があるうえ、対人対応が多いため予定が変更されることも多いようですが、社員は自主的に時間管理を行うことにより自覚も芽生え、離職率低下だけでなく業績アップにもつながっているようです。

宣伝効果についての好事例①

テレワークを導入していることが宣伝効果につながったという事例もあります。

E社は育児や介護など家庭の事情で離職する社員を減らす目的で5年前にテレワークを導入したのですが、離職率の改善以外に思わぬところに効果が現れました。

当時は政府が働き方改革の指針を打ち出す前ということもあり、テレワークに対する認知度は今よりも低く、多くの企業や社員は自宅で勤務することに現実感を感じられませんでした。

しかし2016年に政府からテレワークを推奨する動きが出て来ると状況が変わり、先行して導入しているE社には他社からの問い合わせが入るようになり、社の認知度の向上したのです。

さらに働き方改革を先進的に取り組んでいる企業としての信頼にもつながり、今では新規の顧客も増えるなど業績面にも好影響が出ています。

植前 健太郎

産業カウンセラー 国家資格キャリアコンサルタント

飲食・流通業界出身。企業・自治体・学校と幅広い領域にてキャリアサポートを行う。

オフィスひいらぎキャリアサポート >>HPはこちら

すぐ実践できる!
人事ノウハウ集をプレゼント

【無料】人材採用・育成・組織強化ガイドブック

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。
(全59ページ)

【内容 ※一部抜粋】
・最高の採用につなげるための会社基盤の整え方
・会社認知度を上げて人材を集めるには
・真の人材を見抜く3つのポイント
・離職原因を分析し、採用ミスマッチを防ぐには

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 19.03.20
    テレワークと在宅勤務との違いは?3つの視点でキャリアコンサルタントが解説 テレワーク

  2. 19.02.13
    【中小企業向け】テレワークの課題・問題点とは?3つの視点で解説 テレワーク

  3. 19.03.26
    【中小企業向け】働き方改革におけるテレワークの事例5選を紹介 テレワーク

  4. 19.02.12
    【中小企業向け】テレワークは難しい?メリット・デメリットを比較 テレワーク

Menu