【両立支援】患者視点から目指す患者協働の医療の姿とは?【協議会レポ】

30年以上に渡る透析生活と仕事の両立を実践されてきた宿野部武志さん。

現在は、一般社団法人ペイシェントフッドおよび一般社団法人ピーペックの代表としてもご活躍されています。

今回は、宿野部さんが取り組む「患者協働の医療」の視点から、治療と仕事の両立支援についてお話しいただきました。

>>宿野部武志さんのインタビューはこちら
「検査の数値を下げるために生きてるわけじゃない」透析生活30年の本音と今


患者協働の医療について

一般的に言われる「患者中心の医療」は、患者と家族が真ん中にいて、医療者・行政・企業の方々が周りからサポートしていく在り方です。

この形が間違っているというわけではありません。

ただ、私のように長く病気と向き合っていく人にとって、患者と家族が医療者・行政・企業の方々と一緒になって進んでいく「患者協働の医療」が重要になってくると思っています。

ご本人が大切にしたい生活を諦めずに、実現を目指していくためにも、必要な治療方法を医療者が提示し、患者も納得して一緒に伴走していく。

これが患者協働医療の在り方です。

患者協働の医療のネックは?

患者協働医療を進めていく上でネックになるのが、「治療のことは先生にお任せする」という根深い意識や、先生と患者というパターナリズム。

また、「自分は病気にはならないだろう」と他人事のように考えてしまう人や、患者から医療者に質問があっても、なかなか相手にされなかったという声も少なくありません。

対話なく患者が医療者の言いなりになってしまえば、結果として支配が生まれるリスクもあり、気をつけたいところです。

患者協働の医療が進むと…?

患者協働の医療が進むことで、患者、医療者、そして社会が三方よしになると考えています。

患者・家族は自分が大切にしたい生活をするために、提示された治療を受けることで幸せになります。

医療者は、患者が元気になることはもちろん、患者のリテラシーが上がることで自己管理能力も上がり、それによって医療者の負担が減るメリットも考えられます。

患者視点で申し上げれば、自分の人生のことなので「お任せ医療にしない」ことが重要です。あまり難しく考えず、出来ることから少しずつやっていきましょう。

自身が実践した治療と仕事の両立

無理をすれば周りに迷惑がかかるし、甘えてしまうとそこから抜け出せなくなる。

ですので、私自身は「無理せず甘えず」という信条を常に持っていました。

病気の有無に関わらず、同僚と良好な関係性を作ることで、いざという時にサポートし合うことができます。

なので、配慮事項だけのやり取りだけでなく、日頃から職場の人とのコミュニケーションは大事にしてほしいですね。


仕事と治療の両立に必要なこと

透析患者の中には、若い方でも働いていないケースが多いのも一つの現状です。

透析医療は現在(2019年12月時点)、治療費の自己負担は少なく、障害年金も出るなど、患者を取り巻く環境は比較的恵まれていると考えています。

週3回の通院の大変さという面もありますが、働くことを通じた社会参加の大切さを強調したいという思いがあります。

働くことで治療に向き合うエネルギーにもなるし、生きていくモチベーションにも繋がります。

どんな病気であっても、働くことで社会参加できるようなサポートをしていきたいと思っています。

>>宿野部武志さんのインタビューはこちら
「検査の数値を下げるために生きてるわけじゃない」透析生活30年の本音と今

宿野部武志

一般社団法人ペイシェントフッド・ピーペック代表

  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2020年2月15日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承ください。
採用・人材育成・組織強化に効く!
約300社での人事ノウハウ集をプレゼント

【無料】人材採用・育成・組織強化ガイドブック

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。
(全59ページ)

【内容 ※一部抜粋】
・最高の採用につなげるための会社基盤の整え方
・会社認知度を上げて人材を集めるには
・真の人材を見抜く3つのポイント
・離職原因を分析し、採用ミスマッチを防ぐには

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 20.02.15
    【両立支援】若年性認知症就労支援から第二の人生の伴走まで【協議会レポ】 両立支援

  2. 19.12.11
    【両立支援】患者を支える「対話」のあり方とは?【産業医の視点から】 両立支援

  3. 19.11.13
    【治療と仕事の両立支援】メンタル不調者の「働く」を支える社労士の視点 両立支援

  4. 20.02.04
    【治療と仕事の両立】元難病患者就職サポーターと難病当事者でクロストーク 両立支援

  5. 19.11.30
    【両立支援】発症から復職まで。支援に潜むバグとギャップ【看護師の視点から】 両立支援

  6. 19.11.13
    【メンタルヘルスと両立支援】多職種の視点からみる職場のワーストプラクティス事例 両立支援

Menu