パワハラ上司との付き合い方って?3つの要点を社労士が解説

部下の感情を無視した厳しいモノの言い方をしたり、仕事の進め方で相性が合わない上司とは、できれば付き合いたくありません。

しかしながら、会社生活を送っていれば、そのような上司の下につくことは十分にあります。

相性が合わないだけならまだ我慢の範囲かもしれませんが、その上司がパワハラを開始しだすと、付き合い方を考えなければなりません。

今回は、パワハラ上司とどのような付き合いをしていけばいいのか、3つのポイントをご紹介します。

>>【社労士解説】パワハラ問題まとめ〜定義・対策・事例・相談先・訴訟〜

そもそもパワハラとは?

厚生労働省のHPではパワハラの定義を以下のように定めています。

「職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」

もう少し短く表すと、「職場での優位性を背景にした、しつこい嫌がらせ」となります。

嫌がらせの背景には、指導をして正しい方向への導きや、部下を育成するという本来のミッションはありません。

冷静に判断する上で、過去その上司の下で働いていた部下が、現在どのようなポジションに就いているのかが一つの指標になります。

その人たちが出世している、大きな仕事の中心人物になっているのであれば、辛いと思う上司の言動は成長する糧になる可能性がある一方、複数の部下が休職や退職しているのであれば、パワハラが実際に行われていた可能性が高いと考えられます。

パワハラ上司との接し方、3つポイント

①パワハラなのかどうか見極める

「パワハラ」と感じた自分が受けた言動をまず冷静に見極めてください。

通常、重要な仕事をスケジュールギリギリの中で遂行していく場面では、誰もが常に笑顔で仕事を進めていくことはできません。

また、その仕事の背景には、貴方が今後のキャリアを積む上で、必要な能力・経験を積むチャンスがあったり、大きな壁を乗り越えるものがあるのかもしれませんが、余裕がない場合はそのことに気づかない場合もあります。

その場面ごとで繰り出される上司からの言動は意味が大きく変わってきますので、強い言葉や態度が常にパワハラになるとは限りません。

②自分一人で何とかしようと対応しない

上司からパワハラを受けていると自信がなくなり、モチベーションが落ちて仕事の効率はどんどん悪化していきます。

我慢することは環境を何も好転させないので、その上司と口をきかないだけでなく、周りとの接点まで遮断して、一人で悩みを抱え込んでしまうことは得策ではありません。

同僚や先輩等に、自分が受けている行為と気持ちを聞いてもらい、冷静にパワハラにあたるのかどうかを判断していくことで、今後の対応が変わっていきます。

自分も周囲もパワハラだと感じているのであれば、会社に対して改善を要求することができますし、パワハラか微妙なグレーゾーンに隠れた巧妙な行為があったとしても、それは将来パワハラになる可能性があるので、やはり会社に対して注意を喚起しておくことが重要です。

また、社内メンバーに対して相談ができないということであれば、労働局などの公的機関に相談することでもアドバイスをしてくれます。

1人では解決できないこと・見えないことも第三者を交えれば糸口が見えてくることが多いです。

そのためには自分一人で抱え込まずに早めに誰かに相談することが重要です。

③逃げるが勝ち 視線を外に向ける

世間には「パワハラ体質」と呼んでいいくらい、いくら注意されてもパワハラを繰り返す人物がいます。

おそらく、そのようにして育てられてきたのか、自分の価値観が絶対だと思っていて、他者を受け入れられない性格が強く出ているのだと考えられます。

このような上司は暴力を振るったり、仕事とは関係がない個人的なことを攻撃してくることがあります。

不幸にも、そのような上司の下についてしまった場合、周りに相談しても改善は見込めず、仕事だけの付き合いとして割り切ることは困難になり、我慢にも限界というものもあります。

こういう状態になったら、体調を崩したりケガをさせられる前に、自分のキャリアを見直し、新しい職場へ目を向けることも身を守るためには必要な行動です。

パワハラが原因で一度、辞めたいと思った場合、その辞意は余程のことが無い限り、消え去ることはありません。

自分の考え方をサッと変えて、新しいキャリアを積むためのきっかけになる、自分が上司であればこのような指導をする、というたくさんの気づきを得ながら、次のステップに向かうことも1つです。

まとめ

パワハラ上司と付き合いを続けることはかなりストレスが溜まります。

過度のストレスを受けることは仕事の上で何も役立ちませんので、まずは上司から受けている言動がパワハラにあたるのかどうかを第三者等の意見を通じて、冷静に見極めることが必要です。

しかし、周りがいくら支えても、一度退職を考え出すと、その上司の下にいる間は、常に退職を考えた状態で仕事をしていることになります。

その意思は本人だけでなく、その周りにも影響を与えるため、個人も組織もパフォーマンスは下降していくことが容易に想像できます。

会社の人事担当者は、このような負の連鎖を生み出す職場の人間関係に常々注意を払い、「パワハラが発生している」と察知したら、即座に対応する体制を整えておく必要があります。

パワハラ当事者の片方が退職したからと言って、そこで問題解決には決してなりません。

パワハラには何かしらの組織的な問題も潜んでいることも多いので、そこを解決して再発防止をしない限り、求職者や退職者の連鎖が続きますので、十分にご注意いただきたいと思います。

人材採用・育成・組織強化ガイドブックを無料進呈中

【中小企業の経営者・人事担当者向け】優秀な人材の採用、組織に定着する社員の育成に必要な基礎知識を無料で公開中。

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。(全59ページ)

>>詳しい内容・無料ダウンロードはこちら

>>【社労士解説】パワハラ問題まとめ〜定義・対策・事例・相談先・訴訟〜

吉村和也

社労士

吉村社会保険労務士事務所 HPはこちら

すぐ実践できる!
人事ノウハウ集をプレゼント

【無料】人材採用・育成・組織強化ガイドブック

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。
(全59ページ)

【内容 ※一部抜粋】
・最高の採用につなげるための会社基盤の整え方
・会社認知度を上げて人材を集めるには
・真の人材を見抜く3つのポイント
・離職原因を分析し、採用ミスマッチを防ぐには

関連記事

  1. 18.11.18
    パワハラ防止で法制化へ。企業が求められる3つの措置とは?社労士が大胆予測 パワハラ

  2. 18.04.09
    パワハラ退職は会社都合退職になる?離職者・会社への影響を社労士が解説 パワハラ

  3. 18.04.10
    パワハラでの退職は即日可能?正社員と契約社員での違いは?社労士が解説 パワハラ

  4. 18.03.16
    【パワハラ相談】メールや電話で24時間相談可能な場所は? 社労士が紹介 パワハラ

  5. 18.04.02
    パワハラを訴えるには?準備に必要な証拠を社労士が解説 パワハラ

  6. 18.08.28
    【社労士解説】パワハラ問題まとめ〜定義・対策・事例・相談先・訴訟〜 パワハラ

Menu