【職場環境】人間関係を改善するには? 3つのTIPSを保健師が紹介

一度悪化してしまった人間関係を改善するのは、至難の業です。それが職場となると、なかなか大変なことですよね。

職場で過ごす時間は1日の大半を占めていますから、職場の人間関係が悪化すると、何よりも自分自身がとても苦しくつらい想いをしなくてはなりません。

そうならないためにも、今回は、職場において人間関係が悪化していく原因を考え、改善するにはどうしたら良いのか、3つのTIPS(秘訣)を保健師の目線で紹介したいと思います。

>>職場環境まとめ!アンケート方法、改善事例、良い職場の特徴【保健師解説】

職場で人間関係が悪化する原因

職場で人間関係が悪化する原因はさまざまですが、ここでは3つ取り上げたいと思います。

コミュニケーションの問題

まず、コミュニケーションの問題が占める割合はかなり高いのではないでしょうか。

社会性やコミュニケーション能力、想像力などに困難を抱えていると、対人関係がうまくいかず、人間関係の悪化に繋がることがあります。

実は、この問題を抱えている方の中には、「ASD(自閉スペクトラム症)」もしくはその傾向をもつ方もいます。

仕事ができない

職場での人間関係ですので、「仕事」「業務」に関することも大きく影響します。

注意力に欠け、落ち着きがなく、時に衝動的な行動をとってしまうと、仕事上のミスが続いたり、ちょっとしたことでパニックになり、周囲から距離を置かれてしまう可能性もあります。

この問題を抱えている方の中には、「ADHD(注意欠如・多動症)」もしくはその傾向がある方もいます。

空気が読めない

同僚や上司に、どのタイミングで、どう話しかけようかということは、働いていく上で、大事なポイントですよね。

普段、なにげなく“空気を読んで”行っていることが、職場では実に多いのです。

しかし、空気を読むことが苦手な場合は、そのような行為に非常に苦労することがあります。

そのような方の場合は、「ASD」の傾向が隠れていないかもチェックが必要です。

人間関係を改善するための3つのTIPSや取り組み

コミュニケーション能力を高めるには?

コミュニケーションが苦手なのは生まれつきだし、もう諦めている…と思っているのなら、それはもったいないことです。

コミュニケーションの上達にはコツがあります。

まずは、普段から周囲の人がどのように話をしているのか、よく観察してみましょう。

上手だなと思う人がいたら、まずはその人の話し方や内容を倣ってみるというのもよいでしょう。

まねているうちに、少しずつスムーズに言葉が出てくるようになります。

「仕事ができない」から抜け出すには?

やるべきことを手帳やカレンダーに書き込み、優先順位を付けて仕事をする習慣を身につけていくと、周囲の評価は変わってくるでしょう。

その他にも、作業や手順、方法などをわかりやすくマニュアル化した自分専用の「作業手順書」を作成したり、あれこれ手をつけず、まずはできることから1つずつ片付るなどの工夫もよいでしょう。

今はパソコンやスマホなど多くの電子機器が、あなたの「できない」「困った」を助けてくれる時代です。

リマインダー機能を活用して時間に遅れないようにしたり、パソコンや携帯など、どの端末からでもアクセスできるToDoリストを活用するなど、上手に使いこなせると良いですね。

「空気が読めない」と思われないためには?

状況に応じた適切な言葉遣いや対応の仕方についてノートなどにまとめ、常に携帯してみましょう。

また、とっさの対応に困ったら「ひとつ確認させていただきたいのですが…」や「お忙しいところすみませんが…」など、決まった言葉を頭につけるだけでも、相手の受け取り方や印象は変わってきます。

そんな言葉もストックしておくとよいですよね。

さいごに

いかがでしたか?

人間関係がうまくいかないなと思ったら、原因がどこにあるかを振り返ることが大切です。

相手を変えることは難しいですが、自分自身なら変えることもできます。

一人で悩むより、よろしければ「ほっといい場所 ひだまり」のような居場所に相談に来てみるというのも解決策の一つかもしれません。

誰かに話をすることで、解決していくこともありますよ。

人材採用・育成・組織強化ガイドブックを無料進呈中

【中小企業の経営者・人事担当者向け】優秀な人材の採用、組織に定着する社員の育成に必要な基礎知識を無料で公開中。

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。(全59ページ)

>>詳しい内容・無料ダウンロードはこちら

>>職場環境まとめ!アンケート方法、改善事例、良い職場の特徴【保健師解説】

後藤美穂

看護師 保健師

NPO法人CNSネットワーク協議会/ほっといい場所ひだまり 代表理事

HPはこちら

すぐ実践できる!
人事ノウハウ集をプレゼント

【無料】人材採用・育成・組織強化ガイドブック

「知名度がなくても、採用は成功できる」をキーワードに実践してきた、約300社での人事コンサルティングでのノウハウを1つの小冊子にまとめました。
(全59ページ)

【内容 ※一部抜粋】
・最高の採用につなげるための会社基盤の整え方
・会社認知度を上げて人材を集めるには
・真の人材を見抜く3つのポイント
・離職原因を分析し、採用ミスマッチを防ぐには

関連記事

  1. 18.03.30
    職場環境アンケートで重要な5つの項目とは?産業保健師が解説 職場環境

  2. 18.04.03
    【職場環境改善の事例】すぐに出来る3つの事例を産業保健師が紹介 職場環境

  3. 18.03.26
    職場環境の良い会社と悪い会社の3つの違いとは?産業保健師が解説 職場環境

  4. 18.08.20
    職場環境まとめ!アンケート方法、改善事例、良い職場の特徴【保健師解説】 職場環境

Menu