転職活動は在職中が有利な3つの理由とは?現役人事コンサルサントが解説

転職活動の相談でよく聞かれる「転職活動は会社を辞めてからやったほうがいいの?」という悩み。

特にはじめて転職活動をする人ほど、この悩みが多い傾向にあります。

筆者である私も二度の転職を経験しており、在籍中に活動するか退職してしまうかの選択を迫られたことがあります。

その際にどちらが選考で有利になるか戦略的に考えました。

その後、人事コンサルタントの道に進み、数多くの企業の採用支援や転職者のサポートを行っていく中で、転職活動のタイミングについてメリット・デメリットがはっきり見えてきました。

私が転職活動の時期についてアドバイスするなら、「転職活動は今の会社に在籍しながらやったほうがよい」とお話します。

なぜ在籍中の転職活動が良いのか?以下に3つの理由をお伝えします。

転職活動は在職中が有利な3つの理由とは?

1.在籍中に転職活動をしたほうが選考でマイナス評価にならない

会社を辞めていると、選考でネガティブに捉えられるケースが多くなります。

なぜネガティブに捉えられるのか?

それは離職中であることが面接官に次のように見られるためです。

「不満に耐えきれず辞めてしまったのではないか?」

「次の仕事が決まらないリスクを考えず勢いで辞めてしまったのではないか?」

つまり、「忍耐力がない」「計画性がない」と思われてしまう傾向があるのです。

また、転職先が見つからないまま活動を続けているとブランクが長くなります。そのことがさらなるマイナス評価につながります。

「他社の面接でも評価が低いのかもしれない」

「仕事の意欲が低いのかもしれない」

という具合です。

面接官は何百人、何千人と求職者に会っているので、ネガティブな退職理由が多いことは当然知っています。

転職先が決まっていないのに、仕事を辞めてしまった人は「とにかく今の状況から逃げ出したかった」という考えの人がいることも熟知しています。

会社を辞めてから転職活動をするならば、書類選考や面接で疑問をもたれた状態からスタートするという認識を持っておくとよいでしょう。

2.在籍中に転職活動をしたほうが冷静に会社を選べる

会社を辞めていると、「早く決めなければ」という焦りから最初の内定に安易に飛びついてしまったり、妥協して転職先を選んでしまったりする可能性が高くなります。

学生時代の就職活動を思い出してみてください。

どんどん内定を獲得する人がいる中で、内定が獲れず焦っている人がいませんでしたか?

新卒の就職活動は、後がなく焦りが生じやすい心理状態にあります。

就職浪人してもいいという人は少数派で、多くの人は「今年中に就職先を決めなければいけない」状況で活動しているためです。

でも就職活動のルールや社会の空気が違ったらどうでしょうか?

就職活動のはじめに必ず1社内定をもらえる。そこに入社してもいいし、もっといい会社が見つかるまで3年間繰り返しやっていいというルールや空気があったらみなさんはどうしますか?

おそらく、じっくり冷静に判断し、内定が出たからといって妥協して入社を決めることは少なくなると思います。

実は転職活動の「在籍中」「離職中」というのは、このルールの違いと似ています。

離職中の人は後がない。無職期間が長引き、貯金が減っていくに従って「今月中に決めなければ…」と焦ってしまうのです。

一時的にアルバイトをする方もいますが、下手に収入を得てしまうことで転職活動に力が入らず、ブランクが長くなり面接の評価を落としてしまうことになりがちです。

一方、在籍中の人は冷静に判断しやすいことが多いです。

「現職よりいい会社が見つかったら転職すればいい」

「不安な会社に入ってまた失敗するくらいなら、もう少し転職活動を続けた方がいい」

と、余裕を持って決めることができます。

また、中途採用は「求人が出る・無くなる」のサイクルが早いことにも注意が必要です。

今は希望に合致する求人が少なくても、3ヶ月後に希望の求人が出ているかもしれないのです。

会社を辞めて◯ヶ月後には転職しなければと活動するよりも、勤めながら求人の状況に合わせて活動するほうが妥協のない転職活動につながりやすいでしょう。

焦らず冷静に判断できる状況に身を置ける。これが転職活動は在籍中が有利な2つ目の理由です。

3.在籍中に転職活動をしたほうが自信を持って面接に臨める

会社を辞めていると、面接でベストの力を発揮できない可能性が高くなります。なぜでしょうか?

「離職中の人は自信を失いやすい環境にあるため」

「そして、自信の有無が面接にとても大きな影響を及ぼすため」

これは、私が数多くの面接をやってきた中で得た答えです。

なぜ離職中の人は自信を失いやすいのか?

離職中の人は当然ですが仕事をしていません。辛い仕事から解放された場合は、一時的に元気になることがあります。

しかし、無職の期間が続くと「このままで大丈夫だろうか?」と不安が現れ、選考で不合格になると「自分は選ばれなかった」と自信を失っていきやすいのです。

これも、学生の就活でなかなか内定をもらえない人が、自信をなくしていくのを想像すると理解できると思います。

仕事をしていれば、小さなことでも認められたり褒められたりする機会があるため、自己肯定感を得られ、不合格のショックを挽回しやすいのです。

ただ、今の職場で仕事がうまくいっておらず、出勤する度に自信がなくなっていく、精神的に落ち込んでいくという人は例外です。

このような人はまず会社を辞めて、精神的に回復したタイミングで転職活動をしてもよいでしょう。

しかし、これはあくまで例外ケース。

多くの人は、一度退職したら自信を失くしやすい環境に身を置くことになると覚えておいてください。

なぜ自信の有無が面接力を左右するのか?

私の経験からはっきり言えますが、どんな人でも会社で表彰されるなど高い評価を受けた直後は、会話の説得力が格段に高くなっています。

自信のある人は表情が凛々しくなり、声が大きくなり、余裕のある雰囲気が出てきます。

これが面接でのプラス評価につながるのです。

私は下手に面接のテクニックを磨くより、いかに自信を持った状態で面接にのぞむかのほうがよほど重要だと考えています。

「転職活動はいつするのがベストですか?」という質問に、私はいつもこう答えます。

「社内MVPを獲った直後が一番いい」。No.1の賞でなくても周囲から評価されたタイミングがおすすめです。

理由は履歴書に実績を書けるからではありません。賞をもらって周囲から称賛された人は、自分に自信のあるピークの状態といえます。

その勢いに乗って面接に臨めば良い結果につながりやすくなります。

先ほど記載した通り、離職中の人は自信を失いやすい環境にいるため要注意です。

在籍中であればMVPではなくても、周りから評価され自信が高まっている時に転職活動を行ったり、自信を失っているときは面接を避けたりといったコントロールができます。

こんな転職理由は要注意

ちなみに、転職理由が次に該当する場合は要注意です。

「残業が多い」

「休みが取れない」

「周りと人間関係がうまくいかない」

「プレッシャーが強くて辛い」

このように環境を変えることが転職理由の場合は、面接官に「現状から逃げ出した」と思われないよう、在職中に転職活動をすることをオススメします。

在職中の転職活動がマイナスになるケースは?

逆に、在籍中であることがマイナスに働く場合はあるのでしょうか?

それは「すぐに入社できない」という点です。

内定後は退職交渉や引き継ぎが発生します。一般的には、入社までに1ヶ月から2ヶ月。3ヶ月以上かかるケースも珍しくありません。

そのため、急募の求人ではどうしても選考が不利になってしまいます。

採用時期によっては応募すらできない可能性もあるでしょう。

また、現職で活躍している人ほど「退職交渉で引き止められそうだ」「本当にうちに来てくれるのだろうか?」と辞退のリスクを企業に想定させてしまいます。

同じタイミングで似たような評価の候補者がいる場合は、確実に入社してくれそうなほうに内定を出すことも考えられます。

このように「在籍中」が有利に働くこともあれば、「離職中」が有利になるケースもあります。

しかし、退職を待てないほど急募の求人はそう多くありません。

また、辞退リスクについては、入社意思や意欲をちゃんと伝えられれば解消できる問題です。

多くの転職者にとってよりマイナスなのは、やはり「面接の評価が下がる」ということではないでしょうか。

面接のマイナス評価を防ぐためには「在籍中」に転職活動をしたが無難です。

これは、1つ目に挙げた転職活動が在籍中が有利な理由にも関連する内容です。

まとめ

転職活動はなぜ「在籍中」が有利なのか?その理由を見てきました。

1)選考でマイナス評価にならない
2)冷静に会社を選べる
3)自信を持って面接に臨める

当然人によって状況が異なるため、最終的にはケースバイケースになります。

ただ、上記の点から多くの人にとって有利になりやすいのは「在籍中」の転職活動だと考えます。

「勤めながらだと忙しくて転職活動ができない」

「まず会社を辞めて、集中して転職活動がしたい」

そうした気持ちもわかります。しかし、忘れてはいけないのは「転職活動はうまくいくとは限らない」ことです。

勢いで辞めてしまい、転職活動の泥沼にハマってしまう人を何人も見てきました。

そうならないためにも、まずは今の状況下でできることからはじめることをオススメします。

山崎晃平

株式会社NOMAL 執行役員

早稲田大学卒業後、ベンチャー·リンク、リクルートコミュニケーションズ、リクルートキャリアを経て、キャリアラインを設立。転職・起業向けOB訪問サイトCareerLineをリリース。翌年、人の魅力に特化した採用ブランディングツールHumanismを開発。

RECOMMEND こちらの記事も人気です。

  1. 18.07.17
    転職活動、在職中はできない?難しい?在職中に転職活動を進める7つのコツ! 在職中の転職

  2. 18.07.13
    転職活動は在職中が有利な3つの理由とは?現役人事コンサルサントが解説 在職中の転職

Menu