看護師を辞めたい5年目…先輩看護師が提案する3つのキャリアとは?

看護師5年目のタイミングで辞めたいと思う看護師の方へ提案したい3つのキャリア、看護師5年目が背負う様々な環境や背景、これからの看護師としての方向性についてご紹介したいと思います。

看護師5年目では、看護師人生をどうしていくか、人によって分かれる大きな節目だと思いますのでそれぞれ働きながら悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。

また、プライベートも少しずつ余裕を持って楽しめる時期でもあると思うので仕事とのバランスも気になりだすところですね。

看護師5年目の離職率は?

日本医療労働組合会が2014年発行した看護職員の労働実態調査による勤続年数についての結果データをみてみると…

勤続年数5年未満は、37.9%で全体の4割となります。

「5年未満」となっているので、若手の退職も含まれますが、全体から考えてみると5年間の勤続年数は案外少ないと言えるかもしれません。

また、5〜10年の勤続年数は20%となり、5年未満と同様に、同じ職場に長年勤務する看護師は少ないと言えます。

この調査より、働き続けられない実態が反映されているとのことであり、私の経験からも現状が反映されていると考えます。

「5年目」というのは、看護師人生だけでなく、それぞれの個人の人生のなかでも区切りの良い時期なのかもしれません。

もちろん、5年を経過しても続けて働いている人もいますし、決して辞めている人が全てではなく、5年目からも目指すものに向けて頑張っている人もいるということですね。

5年目看護師の取り巻く環境

まずは、5年目看護師の環境について考えていきましょう。

5年目看護師となれば、全ての基礎スキルも急変時の対応などもできるようになり、スタッフとして十分活躍していく時期ですね。

そして、病院や部署によって違いはありますが、チームのコーディネーターを任される時期ですね。

さらに後輩指導も中心に行っていく時期でもあります。

と同時に、「新たな部署での経験したい」と思う時期ではないかと考えます。

指導する側を中心に行っていくことで、自分たちが新人の頃には理解できなかった上司や先輩の教える側の気持ちがわかる時期になり、指導の大変さも日々感じる頃ですね。

また、部署異動については、なかなかすぐには異動させてくれない職場が多いのではないかと考えます。

スタッフのなかで異動待ちをする状況であり、なかなか自分の考えているようにうまくいかない要因が揃う環境ではないでしょうか。

指導については、新人看護師側の思いをケアしたり、上司からの圧力を受けたり、自分の思うようにいかないことがあったりと間に挟まれる状況であり、辛い環境でもあります

そのような中で、「自分が今後どのような看護師人生を過ごしていきたいのか」を面談で上司に形式上問われるものの、異動はできない状況にもあり、自分がどうしたいのかも分からなくなるという5年目看護師の環境ですね。

プライベートも充実させていきたいところでもあり、看護師人生をどのようにしていくか悩むところですね。

ポジティブな面では、患者さんとの関わりや看護について自分の看護観がしっかり定着していき、様々な看護にトライできる時期でもありますので、仕事が楽しくなり、看護や仕事へのやりがいが増えてくるという環境もあります。

5年目看護師が辞めたいと感じる背景

5年目看護師が抱える環境について上記で述べましたが、これらの環境のなかで「辞めたい」と感じる背景についてはお伝えしていきたいと思います。

辞めたいと感じるポイントの一つは、通常の業務に加えての新人指導やリーダーなどの業務が増えることによるストレスでしょうか。

また、次のステップとなる目標がなかなか定まらない状況ある人は、何かを挑戦したい気持ちがあったりと環境を変えたいと思う気持ちが少しでも出てき始めるのではないかと考えます。

こういった状況を打破したいと思う看護師は結構いるのではないかと思います。

私が実際に経験して感じたことは、この5年目看護師の環境のなかで、辞めたいと感じる気持ちを整理してみて状況を思うように変えてみるとよいことだと考えます。

辞めたいと感じる気持ちに対して、とことん辞める理由や次のステップとなる目標を見つけることができるといいですね。

そしてもう一つ、「辞められない」と思う気持ちも当然あるはずです。

周りのスタッフや上司のことを考えてしまうと思いますが、正直そこまで深く考えなくても良いと思います。

自分勝手だと思われてしまうかもしれませんが、いやいや働く時間は変えられないですし、自分のしたいように過ごしたい時間にも変えてくれません。

いくら、周りに反対されようとも気にせずに辞められない状況に留まる必要はありませんので、5年目看護師に提案したいキャリアを3つご紹介して伝えていきたいと思います。

5年目看護師に提案したい3つのキャリア

1.認定看護師、専門看護師を目指す

まず1つ目は、既に自分の興味のある分野を見つけている人であれば、キャリアアップのために認定看護師や専門看護師を目指してもらいたいと思います。

看護師の経験が5年あれば、認定や専門看護師に進む道の過程での条件はクリアしていますので挑戦してもよい道だと考えます。

私も5年目看護師を機に、脳卒中ケア専門看護師もしくは大学院へ入学して、緩和ケア専門看護師を目指すことを考えていた時期がありました。

私の場合には、それよりも違うことに興味があったので、この道を選びませんでしたが、もし私が日本でずっと働くようであれば選んでいたと思います。

自分の興味のある分野を追求していくことで、またプロフェッショナルな看護師として働くことはとても魅力的なことです。

また、やりがいも増えてより一層看護師人生が楽しくなると考えます。

認定看護師や専門看護師になったところで責任だけは増えて、給料は変わらないといった状況もある…という情報も聞く人がいるかもしれませんが、それでも目指したいものがあれば、迷わず目指して良いことではないかと思います。

たくさんの経験や患者さんとの思い出などが目指す理由となる人も多いと思いますし、興味ある分野で迷っている5年目看護師の方はぜひ専門性を極める道を選んでほしいと考えます。

2.看護師の世界から離れてみる

次に、特に興味のある分野があったり、目指したいものがない人へおすすめしたいのは、5年目を機に自分のしたいことを探したり、看護師から一度離れることです。

「キャリアに響くのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、人生はキャリアだけではありません。

もちろん、看護師から離れることで違う世界に触れることができると思います。

一度、違う世界を見てみるのも個人的には良いことだと思います。

看護師の世界は狭いと感じることも個人的に多いので、一度慣れてしまうと、看護師でしかいられなくと考えがちです。

一度、看護師5年目を機に外へ飛び出すことも十分良いことだと考えます。

もちろん、無理に看護師以外のことを探さかなくても、一度離れることによってより、看護師として働きたい気持ちが生まれると思いますし、新たに興味のある分野が見つかる可能性もあります。

働き続けないといけないという先入観を捨てて、5年間酷使してきた心と体を癒すために、一度休憩を挟むことも自分にとってハッピーでいられると思います。

職場からすると、よく働いてくれる5年目看護師が辞めてしまうことはとても残念なことです。

手放したがないために上司が辞めさせないように、いろいろと無理なことを言ってくる可能性が大いにありますが、辞める権利は誰にでもあるので諦めないでください。

私の場合は、やりたいことがなかったわけではありませんが、他にやりたいことが明確であったため、看護師5年目を機に決意して仕事を辞めて、日本を出ました。

もちろん、看護師としては続けたい気持ちがあったため、それなりに自分でできる範囲での看護師を続けようと思い、海外でいろんなことにチャレンジしています。

もちろん、違う世界に来ているみたいで自分としてはとても満足していますし、自分のしたいように過ごすキャリアチェンジをして良かったと心から思っています。

キャリアチェンジすることは難しいことだと思いがちですが、思い立って覚悟を決めて行動すれば簡単なことです。

3.看護師として転職する

最後に提案するキャリアについてですが、転職についてお伝えしていきたいと思います。

異動したいのになかなか異動させてもらえない…
新人指導ばかりで自分が何のために働いているのか分からない…

と考えながら勤務している人も多いかと思います。そのように悩んでいる人には転職をお勧めします。

「異動したい」と考えている人は何年も待って異動するか、転職してすぐに新しい分野に飛び込むか、どちらかになります。

長い間、異動を待つか、勇気を出して転職をしてすぐに学びたかったところへ行くか、どちらが良いかは個人の考え方によりますが、個人的に考えると私は「後者」です。

また、異動となると基本的には同じ病院のなかでの異動になりますので、慣れてくると異動前と同じような気持ちになり、辞めたい気持ちは増えるのではないかと考えます。

そのため、勇気を少しだして転職をすることも経験も増えることになりますし、良いことだと考えます。

もちろん、看護師として5年以上、同じ場所で続ける人も素晴らしいです。

ですが、より経験が増えることで何か方向性も見えてきたり、日々の様々なチャレンジができるかもしれませんね。

少しでも、違うところもみてみたいや違う経験をしてみたいと思い始め、辞めたいと感じることがあれば迷わず転職をしてみても良いですね。

また、新しいことを一から始めないといけないと不安に思っている人もいるかもしれませんが、5年の経験があればどこに行っても通用しますので大丈夫です。

だからこそ、看護師5年が転職をする良いタイミングではないかと考えます。

さいごに

5年目看護師に提案したいキャリアについてのご紹介でした。

一番はやはり、自分がどうしたいのかという気持ちをまず整理することで辞めたいという気持ちも整理できると思うので、悩むなら行動に移してしまいましょう。

悩む時間をだらだらと続ける時間のほうが無駄になってしまいますので、人生は一度きりなのでぜひ自分と向き合って考えてみてくださいね。

どんなキャリアでも、どんな道を選んだとしても、素晴らしい誇りを持てる看護師人生をぜひ、送ってくださいね。

村上生

看護師

RECOMMEND こちらの記事も人気です。

  1. 18.07.31
    看護師の人間関係が最悪で疲れたら…5つの対処法を看護師が解説 看護師の転職

  2. 18.08.08
    看護師の人間関係が悪い職場と良い職場の3つの違いとは?看護師が解説 看護師の転職

  3. 18.07.23
    看護師の転職先の探し方4選&3つコツとは?先輩看護師がご紹介 看護師の転職

  4. 18.07.26
    新人看護師が辞めたいと思ったら…3つの解決策を先輩看護師が解説 看護師の転職

  5. 18.07.19
    【看護師執筆】看護師転職の悩み…6つの本音と3つの解決策とは? 看護師の転職

  6. 18.07.24
    看護師の転職先の選び方は?求人情報・選考過程・自分軸から先輩看護師がご紹介 看護師の転職

Menu