第二新卒で転職理由を面接で伝える3つのコツとは?キャリアコンサルタントが解説

第二新卒での転職を決心し活動を始めてみたものの、「準備の仕方が分からない」「不採用になったけど何が悪かったのか分からない」など、正解が分からず面接に不安を感じる方は非常に多いです。

第二新卒に限らずですが、転職活動における最大の難関とも言えるのが「面接」です。

その面接の中で、必ず転職理由は聞かれると考えて良いでしょう。

そして、面接不合格の理由で必ず上位に入るのも転職理由です。

でも、ご安心ください。

転職活動の成否を左右するほど重要な転職理由には、伝え方のコツがあります。

そこで今回は、特に転職理由の伝え方が難しく悩ましいと言われる、第二新卒の方の転職理由の伝え方のコツをお伝えします。

第二新卒で転職理由を伝える3つのコツ

第二新卒で転職理由を面接で伝えるコツは3つあります。

1.転職理由=退社理由(きっかけ)+転職目的(実現したいこと)と考える

2.現職を悪く言わない

3.退職しなくても良いように現職で努力をし、目標をどう達成しようとしたのかを伝える

それぞれに関して以下に具体的に解説をしていきます。

1.転職理由=きっかけ+実現したいことと考える

転職理由は一般的に以下のように分解されます。

転職理由=退社理由(きっかけ)+転職目的(実現したいこと)

私は多くの方が「転職理由」を間違えて理解していると感じています。

「転職理由」と「退社理由(きっかけ)」は別のものなのです。

「退社理由(きっかけ)」はいわゆる本音です。

転職を考えるきっかけ、つまり本音は大体ネガティブなものです。

第二新卒の方が転職を考えたきっかけは、

・仕事が思っていたものと違う、

・労働環境、人間関係、

・福利厚生面、

・大学の友人の会社との比較、

など会社に対する不平不満が多くなっています。

このような理由を伝えられた面接官は、

「この人はまた同じように、何らかの理由で会社に不平不満を感じ、転職するのではないか」と懸念を抱きます。

面接官にとって2、3年で転職をすることは「我慢する力が足りないだけではないのか」と感じてしまうことがあるのです。

とりわけ第二新卒という立場では、社会人として十分なスキルと経験を積んでいないと判断されるのです。

だからこそ、転職目的(実現したいこと)が大切になります。

転職目的を伝えることで、転職が前向きなものと感じることができ、面接官の印象も非常に良くなります。

2.現職を悪く言わない

企業の面接官が、第二新卒の方を面接で不合格にする理由として「現職のことを悪く言う方は遠慮したい」という理由を聞くことがあります。

面接官の方にアンケートを取ると、第二新卒の方の印象は、

短期での転職を考えているということなので長期就業してもらえるかが気になる

と答える方が多いです。

企業視点で考えると、中途入社者の採用や育成には、費用や時間、人などコストがかかり、投資と言えるでしょう。

面接官は「目の前の候補者がこの投資に値するのか」という観点で面接に臨んでいます。

候補者が面接において現職のことを悪く言うと、同じことが入社後起こるのではないかと想像して、気持ちが萎えてしまうのです。

しかし「退社理由(きっかけ)」を伝えようと思うと、どうしても悪口になってしまう、とお感じになる方もいらっしゃると思います。

そんな方には私から、ニつアドバイスをしています。

一つ目のアドバイスは「客観的に見て退社理由に納得感がある、と感じられる場合は悪口だとしても伝えましょう」ということです。

例えば毎月100時間の残業があるが、事業や組織の構造的に仕方がないというケースや、家族の介護が必要なのに自宅近くに転勤させてくれないというケースが挙げられます。

一方で、会社の経営方針に不満がある場合や、上司と合わない、やりたいことをさせてもらえないという場合は、面接官は客観的に見て、妥当かどうか判断がつきません。

むしろ長期就業のイメージが付かないと判断することがあります。

どこまでどう伝えればよいのか、周囲の人や転職コンサルタントに相談することをおすすめしますが、もし相談できる方が周囲にいない場合は、ご自身が面接官の立場に立って考えて見ると良いかと思います。

二つ目のアドバイスとして「退社理由(きっかけ)は伝えない、という判断をしましょう」ということです。

退社理由(きっかけ)は伝えても伝えなくても良いと思います。

「転職目的(やりたいこと)」のみを伝えることで、面接官は早期に離職する懸念を抱かず、前向きな転職と受け取ってくれます。

つまり長期就業してもらえる方だ、と判断してもらえるのです。

型にとらわれず、面接官にどう受け取られるか、という観点で考えることをおすすめします。

3.現職での努力や目標をどう達成しようとしたのかを伝える

繰り返しにはなりますが、第ニ新卒の方が転職を成功させるための「壁」となるものが、「また短期で離職してしまうのではないか」という早期離職の懸念やリスクです。

長く働くことができるイメージを、面接官に感じてもらう工夫が必要です。

転職理由においては、その工夫ができるのです。

先程、現職のことを悪く言わない、とお伝えしましたが、もう一つ大切なことがあります。

それは、退職しなくても良いように現職で努力をし、目標をどう達成しようとしたのかを伝える、ということです。

第ニ新卒の方が転職理由を伝えたとき、多くの面接官が「現職で改善しようとしましたか?」や「それは現職で実現出来ないのですか?」という質問を投げかけてきます。

ただ嫌だから会社を変える、なんとなく今の会社では実現できないので会社を変える、では長期就業のイメージが全く湧きません。

例えば、

「労働時間を改善するために上司と話し合いをしましたが…」

「直属の上長や部長に部署異動を願い出ましたが…」

など、現状を改善するために何かアクションを取った上で転職を考えていることを伝えてみてください。

面接官が納得すれば早期離職のイメージが覆り、長期就業していただける方、という判断になります。

さいごに

第二新卒の方が転職理由を面接で伝えるコツを3つお伝えしてきました。

企業が新卒採用に苦戦している昨今、第ニ新卒層の採用は重要な問題です。

一方で、企業の第ニ新卒の方の早期離職の懸念やリスクは根強くある、というのが現実です。

転職活動を成功させるために大切なことは、採用する企業の立場に立ち、何を考えているかを把握し、対策を立てることです。

企業の第ニ新卒に対するイメージを踏まえた上で、転職理由を伝えることが、私は重要だと考えています。

皆さんの転職活動が成功するように、私は応援しています。

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

RECOMMEND こちらの記事も人気です。

  1. 18.08.01
    第二新卒で転職理由を面接で伝える3つのコツとは?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  2. 18.08.02
    第二新卒の転職の成功例に学ぶ3つのコツとは?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  3. 18.08.03
    第二新卒の転職時期のおすすめは?準備の進め方って?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  4. 18.08.06
    第二新卒で営業以外に転職するための5つのポイントは?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  5. 18.07.18
    第二新卒の転職で失敗しない!20のチェックリストをキャリアコンサルタントが解説 第二新卒

Menu