第二新卒の転職の成功例に学ぶ3つのコツとは?キャリアコンサルタントが解説

ここ数年の空前の人手不足による転職市場の「超売手市場化」によって転職は当たり前の世の中になりつつあります。

このような時代背景の中、多くの方が転職を自己実現の手段としてとらえ、転職によって希望を叶えています。

一方で、「思っていたことと違った」「聞いていた話と違った」、という理由で早期に離職し、再度転職活動…という人もたくさんいらっしゃいます。

では、転職を成功させる人と失敗してしまう人では何が違うのでしょうか?

特に、第二新卒の方には傾向があると感じています。

あくまでも私の経験に基づくものですが、第二新卒の転職の成功例からコツをいくつかお伝えさせていただきます。

>>【第二新卒の転職】準備・面接対策・成功例〜キャリアコンサルタント解説

第二新卒の転職成功。3つのポイント

まず、理想の転職を手に入れている方は、より広い視野で転職を捉え、たくさんの選択肢の中から冷静に転職先を選んでいます。

私は、第二新卒の方の転職において成功率を上げるコツは、以下の3つだと考えています。

1.たくさんの求人を見る
2.転職理由を整理する
3.転職先の職場や上司を確認する

それでは今から具体的に解説をしていきたいと思います。

1.たくさんの求人を見る

世の中には数え切れないくらい多くの企業や求人があります。

就職活動の時に多くの業界や業種、企業を網羅的に見られた方はほとんどいないと思います。

多くて見きれないので何らかの方法で絞って見る、という考え方になるのだと思います。

ただ、何事もそうですが、狭い範囲で選択するよりも広い範囲で選択した方が、より納得感も増し、成功する確率も高まる…と考えています。

例えば、営業という仕事で求人を見る場合、業界や業種、企業によって、仕事内容だけでなく働き方まで様々です。

また、人のためになる仕事という観点で求人を見る場合、営業やコンサルタントや人事など多くの職種があります。

WEB上で様々な情報が入手できる世の中です。

できる限り多くの求人を見て、応募する企業を決めていくことをおすすめします。

2.転職理由を整理する

転職活動の成功に向けての最大の難関とも言えるのが面接です。その面接の中で必ず聞かれるのが転職理由です。

そして、面接不合格の理由で必ず上位に入るのも転職理由です。

ではなぜ、企業はそれほど転職理由を重要視するのでしょうか。

企業は中途採用において、

・戦力になるか

・長期就業できそうか

という観点で選考を行います。

特に採用して育成しても、すぐに辞められては困りますので長期就業の観点は重要視します。

この「長期就業できそうか」を判断する材料の1つとなるのが転職理由です。

特に第二新卒の方は、企業から見ると「短期の転職をする人」と捉えられることがありますので、余計に厳しく見られる傾向があります。

そこで転職理由を以下のように分解して考えてみます。

転職理由=退社理由(きっかけ)+転職目的(実現したいこと)

私は、転職理由を退社理由だと思っている方が多い、と感じています。これを分けて考えることがポイントです。

退社理由(きっかけ)はいわゆる本音だとお考えください。転職を考えるきっかけ、つまり本音は大体ネガティブなものです。

第二新卒の方が転職を考えたきっかけは、仕事が思っていたものと違う、労働環境、人間関係、福利厚生面、大学の友人の会社との比較、など会社に対する不平不満が多くなっています。

このような理由を伝えられた面接官は「この人はまた同じように、何らかの理由で会社に不満を持ち転職するのではないか」と懸念を感じ、不合格にすることがあります。短期で転職されるリスクを感じるのです。

だからこそ、転職目的(実現したいこと)が大切になります。

転職目的を伝えることで、転職が前向きなものと感じることができ、面接官の印象も非常に良くなります。

3.転職先の職場や上司を確認する

第二新卒の方で、転職後に早期に再度転職を考えている方のお話を聞くと、必ず出てくるのが

「もっと職場の環境や雰囲気、上司のこと、仕事内容を確認しておけば良かった」

という言葉です。

第二新卒の方の転職市場は超売り手市場です。

そのため、今まで考えたことのないような仕事や、憧れの企業のオファーが来たり、年収や福利厚生が大幅に改善される企業から内定が出るなど、転職活動開始時には想像もしなかったような結果を手に入れるケースがあります。

このような状況で転職先を即決した方が、転職後に後悔されている方が多いように感じています。

どんなに素晴らしい会社でも、例え経験が活かせる企業への転職でも、一緒に働く上司や職場の環境や相性が悪ければ元も子もありません。

一次面接では直属の上司が面接官となるケースが多いです。

また、職場のことを具体的に聞けるのも一次面接が良い機会となります。

面接では質問時間が必ずありますので、積極的に質問することをおすすめします。

また一次面接で確認できなかった場合は、内定後で良いので人事の方と交渉して場をセッティングしてもらうと良いかと思います。

まとめ

第二新卒の方は不満の改善を目的に転職活動を開始される方が多いと感じています。

このような場合、不満の改善ばかりに目が行き、視野が狭くなってしまっている可能性があります。

転職を成功させるには多くの選択肢から納得感をもって選ぶことです。

「すぐに転職したい!」という気持ちを少し抑えて、転職活動の準備に時間を割いてみてはいかがでしょうか。

>>【第二新卒の転職】準備・面接対策・成功例〜キャリアコンサルタント解説

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

関連記事

  1. 18.08.01
    第二新卒で転職理由を面接で伝える3つのコツとは?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  2. 18.08.29
    第二新卒の転職でベンチャー?メリット・デメリットは?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  3. 18.08.25
    第二新卒の転職…大手は無理?大手事務の求人はある?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  4. 18.08.30
    第二新卒の転職におすすめの本5冊!キャリアコンサルタントがご紹介 第二新卒

  5. 18.08.02
    第二新卒の転職の成功例に学ぶ3つのコツとは?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  6. 18.08.06
    第二新卒で営業以外に転職するための5つのポイントは?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

Menu