転職準備!失敗談から学ぶ3つの成功のコツとは?人事コンサルが解説

初めての転職の準備を進める上で、過去の失敗談から知れる機会は少ないかもしれません。

転職活動に決まったやり方はありませんが、効率的な進め方はあります。

特に、初めて転職活動をする人は「そもそも何をすべきなのか?」「何に気をつければいいのか?」がわからず、なかなか活動を進めることができないケースが多くあります。

そこで今回は、著者が多くの転職者のサポートを行う中でお聞きした失敗談をもとに、転職準備における3つの成功のコツをお伝えします。

転職失敗談から学ぶ3つの成功のコツとは?

成功のコツ1.求人選びは結婚相手選びと考えて軸を整理する

【転職活動の失敗談】

「求人がたくさんありすぎて選べない。」

「応募動機も弱いから面接も全然うまくいかなかった。」

「自分でも何がやりたいのかわからない…」

「とにかく残業ほぼゼロのSE求人にだけ応募していました。でも、ぜんぜん受からずに自信がなくなり、転職活動をやめてしまいました…」

まずひとつ目は、転職活動における会社選びの方法です。ここで陥りやすい失敗は2つです。

1)基準を持たずなんとなく探しているため、本当に応募したい求人を見つけられない
2)理想が高すぎて妥協できず、いつまでも内定がもらえない(結果自信をなくしてしまう)

著者はこのような問題を抱えた求職者に「求人選びは結婚相手選びと思え」と伝えることがあります。

このように伝えると、求人選びのイメージをご理解いただけることが多いです。

2つの失敗を結婚相手選びに照らし合わせて考えると、以下のような状態に近いといえます。

・漠然と考えている「理想の人」を探し続けては、いつも「なんか違う」と言って出会えない

・理想が高すぎて妥協できず、いつまでも相手を見つけられない(結果面倒になってしまう)

結婚相手をフィーリングで決めることを否定しているわけではありませんし、高い目標をネガティブに捉えているわけでもありません。

ただ、1年以内に結婚したいなど永遠に婚活をする気がないのであれば、条件の整理と現実的な可能性を考慮すべきだと、多くの方がお考えになるのではないでしょうか。

転職活動も同じことがいえます。本当に転職したいと思って転職活動をするならば、この2つを考えてみてください。

・譲れない条件

・譲ってもいい条件とその最低ライン

条件(軸)の整理は紙とペンがあればすぐにできます。

A4用紙を横にして真ん中に線を引きます。

左側は「譲れない条件」。これはあなたが転職したいと考えた一番の理由です。

「深夜残業の環境を変えたい。だから21時以降は自分のために時間を使える職場がいい」

「営業部門への異動が叶わない。だから法人営業ができる仕事に就きたい」

など、この転職で絶対に叶えたい条件を最初に考えましょう。

A4用紙の右側には「譲ってもいい条件とその最低ライン」を書きます。

「勤務地は東京が希望(ダメでも関東圏か関西圏ならOK)」

「年収は400万円以上希望(他の条件が叶うなら350万円でもOK)」

などです。

具体的にどのような条件を検討すればよいでしょうか?

結婚においてよく条件にあげられるのは「性格」「価値観」「容姿」「収入」「仕事」などでしょう。

転職活動では、

「仕事内容」

「職場の人間関係(付き合い方)」

「年収」

「労働時間」

「休日」

「福利厚生」

「勤務地」

「転勤の有無」

「会社の将来性」

「キャリアの成長性」

「仕事の責任の大きさ」

などが、よくあげられる条件になります。

A4用紙の左右が記入できたら、まずは「譲れない条件」に合致する求人だけを選びます。

他の求人は見ない方が良いです。

合致しない求人を見て「大手だからいいかも」と目移りした結果、転職理由を100%叶えられなくなってしまう可能性があり、後々「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。

目移りしがちな「大手・有名企業」「年収が高い」「立地がよくオフィスがお洒落」などは、どのくらい本気でその条件を望んでいるのか吟味してください。(これも結婚相手選びを想像するとわかりやすいと思います)

次に求めるレベルについてです。

基本的に譲れない条件は変えるべきではありません。

しかし、あまりにも書類選考が通らないようであれば、それは「理想が高すぎる」可能性があります。その時が譲れない条件を見直すタイミングです。

譲れない条件とはあなたの転職理由でした。

そのためこの条件を変えるときは、基準を下げてまで転職したいのかどうか今一度検討すべきでしょう。

転職活動をして他の会社を知った結果、現職の良さに気づいて転職せずに満足のいくキャリアを歩めるようになったケースもたくさんあります。

この段階では転職に固執せず、柔軟に考えてみたほうがよいでしょう(理想を下げてまで結婚するか、独身でいることを選択するかの判断に近いです)。

まずは、求人の森に迷い込むことにないよう道しるべをつくること。

そして転職活動を進めながら希望の条件ラインを調整していく。この2ステップを実践してみてください。

成功のコツ2.口コミサイトや転職エージェントから徹底的に情報収集する

【転職活動の失敗談】

「面接ではWebサイトの企画に携われると聞いていたが、実際に入社してみると社長のオーダーを受けてただサイトを更新するだけの仕事だった…」

「正社員登用前提の求人という話しをもらっていたが、実際は成果を出した5%くらいの人しか登用されていなかった…」

このような「聞いていた内容と違った」という話は驚くほどたくさんあるものです。

当然ながら100%防げるものではありません。

また採用する側に落ち度があることも多々あります。

ただし、自分に非がなかったからといっても被害を受けるのは自分自身。

ミスマッチを防ぐためにできることは徹底的にやりましょう。

絶対に気をつけるべきことは「面接官から聞いた情報だけで決めない」ということ。

今はネットを使えば有名企業でなくてもかなりの情報が得られます。

最低でも「転職口コミサイト」の情報はチェックしておくべきです。

ただし、これらの口コミはその会社から転職しようとしている人が書いているケースが多く、情報に偏りがあります。

その他の情報収集手段としては

「知人のつながりで在籍経験のある人に話を聞く」
「転職エージェントから情報を聞く」

などが一般的です。

なかには「SNSで希望企業に勤めている人にメッセージを送って話しを聞かせてもらった」という人もいます。

就職活動ではOB訪問が一般的だったことを考えれば、そのくらいの手間をかけても良いと思います。

人生の大きなウェイトを占める仕事の選択です。

可能性のあるところはすべてアプローチをする!くらいの意気込みで情報収集をするようにしましょう。

成功のコツ3.準備に時間をかけすぎず行動しよう。経歴や資格ではなく面接で勝負する

【転職失敗の声】

「まだ実績がないからと転職活動をせず仕事を続けていたが、悶々としたまま仕事をしても大きな実績を出せず2年が過ぎてしまった。年齢を重ねて不利になっただけ…?早めにチャレンジしておけば良かった。」

「時間をかけて資格をとったものの、結局書類選考が全然通らなかった。面接も全部不合格に。その後エージェントに面接対策をしてもらったら面接を突破することができた。資格取得より面接の練習に時間を使えばよかったかも…」

転職の準備段階では、

「職務経歴書に書ける実績がないからどうせ受からないかな」

「面接を有利にするために資格をとってからチャレンジしよう」

と考えて、具体的な転職活動の行動をいつまでも始められない人がいます。

転職が気になっているのに、準備ができていないと考えていつまでも行動できない…。

その結果「いつか辞める」と考えながら何ヶ月も何年も悶々と過ごしてしまう…。

これではあなたの貴重な人生を無駄にしてしまいます。

「今」転職をしたいと思っているのであれば、転職活動は経歴や資格ではなく面接で勝負するものだと考えるべきです。

当然、経歴で評価は変わるため長期的に実績をつくっていくことは重要です。

しかし、職務経歴は仮に半年準備したところで、応募できる企業が何十社も増えるような短期的な評価指標ではありません(面接官に伝わりやすい大きな実績をあげられるなら別です)。

5年以上の社会人経験がある人なら、今までの経歴が伴っていないと書類選考は通らないですし、20代前半の若手であれば経歴ではなくポテンシャルを優先するケースも多いです。

そのため、今転職したいなら「経歴に不安があるからもう少し経ってから転職しよう」と考えずに、まずはチャレンジすべきです。

今のあなたの経歴で、「面接」で勝負しましょう。

どうしても内定をもらえなかった場合、実績が足りないと認めて中長期で経歴を磨く戦略にシフトすればよいのです。

悶々と悩む時間はなくしましょう。

また、資格にも注意が必要です。

資格が面接で大きく評価されるケースは、業務を行う上でその資格が必須である求人にほぼ限られます。(おすすめ資格については下記を参照)

【参考記事】

>>転職準備で資格取得はアリ?おすすめ資格を人事コンサルが解説

資格必須の求人であれば資格勉強の準備が必要ですが、それ以外の求人では「面接対策」に時間を使ったほうがはるかに効果的だといえます。

「資格取得に半年かけるなら、半年間面接の練習をした方が合格率は上がる」と理解し、その上で資格を取るべきかどうか考えたほうがよいでしょう。

忙しい中で転職活動をするのであれば、効果的な準備とそうでない準備を見極めることが大切です。

まとめ

転職準備における3つの成功のコツを見てきました。

1)求人選びは結婚相手選びと考えて軸を整理する
2)口コミサイトや転職エージェントから徹底的に情報収集する
3)準備に時間をかけすぎず行動しよう。経歴や資格ではなく面接で勝負する

新卒の就職活動と違って転職活動はタイミングが重要です。

準備に時間をかけすぎていい求人を逃さないように、「軸が整理できたらまず応募」して、「選考を進めながら徹底的に情報収集」をするというステップを踏むのがよいでしょう。

3つのコツを活用して転職活動を進めていただければ幸いです。

山崎晃平

株式会社NOMAL 執行役員

早稲田大学卒業後、ベンチャー·リンク、リクルートコミュニケーションズ、リクルートキャリアを経て、キャリアラインを設立。転職・起業向けOB訪問サイトCareerLineをリリース。翌年、人の魅力に特化した採用ブランディングツールHumanismを開発。

関連記事

  1. 18.10.24
    【在職中の転職】平日の面接へ行けない場合は?3つの対処法! 転職準備

  2. 18.10.29
    【在職中の転職】履歴書の書き方のコツとは?記入例で詳しく解説 転職準備

  3. 18.10.17
    【転職準備】内定の期間は?3つのケースからキャリアコンサルタントが解説 転職準備

  4. 18.07.12
    転職準備で資格取得はアリ?おすすめ資格ランキングで人事コンサルが解説 転職準備

  5. 18.11.13
    在職中の転職活動がバレない方法とは?キャリアコンサルタントが解説 転職準備

  6. 18.08.07
    転職準備!失敗談から学ぶ3つの成功のコツとは?人事コンサルが解説 転職準備

Menu