介護施設の事務とは?仕事内容やおすすめ資格を介護福祉士が解説

介護の仕事に携わっていると、また、直接介護をする現場で働く自信はないけれども、パソコンを使えるので介護事務ならできそうという相談も受けることがあります。

一方で、介護事務と言う言葉は聞いたことがあるけれども、実際どのような仕事をしているのかはわからないという声もよく聞くことがあります。

そこで今回は、介護事務の仕事や必要な資格についてご紹介していきたいと思います。

>>【介護福祉士解説】介護職の転職まとめ〜仕事内容・種類・資格・給与〜

介護事務ってどんな仕事?

介護事務の仕事内容は、働く職場で必要な事務全般になる事が多いので、

・電話対応

・会議書類の作成

・伝票処理

といった一般的な事務の仕事が含まれることが多いです。

介護事務特有の仕事と言えば、介護報酬請求業務(レセプト作成)が挙げられます。

介護のサービスの契約にかかる手続きなどを行う事もある為、介護事務の仕事に就くにあたっては、一定以上のパソコンのスキルに加えて、介護保険についての知識をある程度、有している必要があります。

また、お客様や家族に対して、直接請求に関する介護保険制度についての説明をする可能性もありますので、介護保険の専門用語を、誰にでもわかりやすく説明をする能力も求められます。

介護報酬請求業務(レセプト作成)とはどんな仕事?

介護報酬請求業務とは、介護報酬を受け取る為に必要な書類を作成して請求を行う事を言います。

介護保険を使ったサービスになりますので、お客様の負担分はお客様に請求をし、介護保険負担分に関しては、働く職場がある都道府県の国保連合会に請求を行うのが基本となります。

請求の大半は、介護保険の負担となっています。

請求を行う際の情報に相違があると、国保連合会への請求がクリアされず、正しく請求をし直すまで職場への介護報酬の支払いが保留になってしまう事があります。

保留になった支払分を修正して、売り上げとして職場に入ってくるまでに1か月~数カ月の遅れが生じてしまう事もあります。

売り上げの半分以上が、予定を数カ月遅れて支払われるという事は、職場にとって、大きな打撃になります。

請求を間違えないためにも、介護事務には仕事には一つ一つの作業に、正確さが求められます。

介護事務の職場ってどんな感じ?

介護事務の仕事は、

・通所介護(デイサービスセンター)

・短期入所(ショートステイ)

・特別養護老人ホーム

・有料老人ホーム

など介護保険を使われる様々な職場で求められます。

介護の仕事と言うと、日勤に加えて夜勤がある印象をお持ちの方もいるかと思いますが、介護事務専門で働くのであれば、日勤での勤務が基本になります。

またフルタイムでなく、短時間での勤務や、請求の忙しい月末月頭のみ介護事務として勤務する場合や、請求時期以外の時間を介護補助として働く場合などがあります。

職場によって、求められる業務内容の幅は大きく異なります。

面接の際に、どの様な仕事内容で求人をかけているのかを確認して、明確にしておくとよいでしょう。

介護事務の仕事に資格は必要?

介護事務は、医師や看護師などと違い、業務独占資格ではありません。

その為、資格が無くても「今日から介護事務として働くぞ」と言う強い意志があれば、直ぐに働くことも可能です。

実際に介護福祉士である私も、介護事務の資格は持っていませんが、介護の現場で働きながら、介護事務の仕事を兼務しています。

すでに介護の仕事をしており、介護事務を兼務する場合、必要な知識である介護保険についてはある程度有しているものと判断されるケースが多いと思います。

しかし、介護事務を専門に仕事先を探すのであれば、一から職場で指導しなくてもよいように、ある程度の知識や技術を有している者を採用する可能性が高いです。

その為、知識や技術を習得している根拠となる、介護事務の資格取得を目指した方が採用率が高くなると言えるのではないでしょうか?

介護事務の資格って?

実は、介護事務の資格は数多く存在します。

「ケアクラーク」「介護事務管理士」「介護保険事務士」「介護管理専門秘書検定資格」…

インターネットで「介護事務・資格」等と検索をかけると、上記以外にも様々な資格がヒットしてきます。

どの資格が良いのかとは一概には言えません。

通信で学ぶのか通学で学ぶのか、いくら位の予算で受講を考えているのかなど、ご自身の現在のライフスタイルに合わせて検討していくのが良いかと思います。

介護事務以外のおすすめの資格

他の仕事でも当てはまる事ですが、一つの資格でなく関連する複数の資格を有している方が、採用率が高くなったり、自身の仕事がスムーズにはかどる事があります。

介護事務の資格と合わせての取得した方が良いと感じた資格をご紹介します。

エクセル検定

介護事務と同様にこちらも様々な名称で資格があります。

エクセルを使用して文字の入力をするだけでなく、表計算を行えるレベルになっていると良いでしょう。

パソコンの操作が初心者の方は受講しておくと良いと思います。

簿記検定

職場によっては、介護報酬請求業務以外に経理業務を担う場合があります。

介護事務の求人の中には、簿記検定の資格を必須としている所もあります。

介護初任者研修

以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格です。

介護の知識や技術の基本を習得している証明にもなります。

介護事務+現場補助を希望している職場には喜ばれる資格です。

また、現場補助を追加で行う事で、介護事務単体での勤務に比べて給与を上乗せする職場も少なくありません。

また、いずれ介護福祉士の国家資格を目指そうと思っている人に関しては、介護事務の経験は国家試験受験の経験年数に含まれませんので、介護初任者研修を取得して現場でも働くことをお勧めします。

これから介護事務を目指す人へ

介護事務について説明をさせていただきましたが、疑問点は少し解消されましたでしょうか。

介護事務を兼務している職場が多い現状や、直接的な介護を行う人材が不足していると言われる現代において、介護事務の仕事はより求められるものになってくると思います。

介護事務専門で働く、介護の現場と兼務しながら国家資格受験を目指すなど、ご自身の将来構想に合わせて働きやすいのも魅力の一つだと思います。

ぜひ、今後の仕事の選択肢の一つに加えていただければと思います。

>>【介護福祉士解説】介護職の転職まとめ〜仕事内容・種類・資格・給与〜

大石翔平

介護福祉士 社会福祉士

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.09.13
    【介護福祉士解説】介護職の転職まとめ〜仕事内容・種類・資格・給与〜 介護業界

  2. 18.09.04
    介護職の仕事!内容や種類って?8つの仕事を介護福祉士がご紹介 介護業界

  3. 18.09.11
    介護職の男性の需要や将来性って?給料は良い?介護福祉士が解説 介護業界

  4. 18.09.06
    介護施設の事務とは?仕事内容やおすすめ資格を介護福祉士が解説 介護業界

  5. 18.09.10
    介護福祉士の男性人数は?優しい人が多い理由は?介護福祉士が解説 介護業界

  6. 18.09.07
    介護職のパート・無資格の仕事内容や給与は?正社員との違いは?介護福祉士が解説 介護業界

Menu