第二新卒の転職…資格は取得すべき?有利になる?キャリアコンサルタントが解説

「人生100年時代」。この言葉を聞かれた方も多いと思います。

定年という考え方もなくなり、70歳や80歳まで働くことが当たり前、という時代がもうすぐそこに来ています。

私たちは50年から60年間働くことになるという時代が迫りつつあります。

一方で時代の流れや変化が早く、企業寿命は短くなっており、20年から30年と言われています。

このような時代背景を受けて、私たちの就業観も「どの会社で働くか」から「何の仕事をするか」「どんなキャリアを積むか」に変わり始めています。

この「どのようなキャリアを積むか」ということについて考えるとき、真っ先に頭に浮かぶのが「資格」という言葉ではないでしょうか。

そこで今回は、第二新卒の方が転職をするときに資格を取得すべきなのか、資格取得は転職に有利になるのか、ということについてお話ししたいと思います。

>>【第二新卒の転職】準備・面接対策・成功例〜キャリアコンサルタント解説

第二新卒の転職、資格は有利?

結論としては、資格を保有することは「転職に有利になることがある」と考えていますが、資格を保有することで「転職が成功する」とは考えてはいません。

資格は、保有している知識やスキルを証明するものですが、それが全てではないと考えています。

この事実は、特に「資格を取得したら、未経験でも希望の職種に転職できるのではないか」と考えている方には知っておいていただきたいと思います。

転職を成功させるために、資格を取得して、希望の職種に就こうと考えた時に、資格を保有していることに加えて、

「活かせる経験を保有している」
「今までの経験が活かせる」
「その仕事に就きたい論理的な理由」

を上手くアピールすることが大切です。

それでは、私がなぜ必ずしも「資格を取得すべき」だとは思わず「有利にはなる」と考えているのかを解説させていただきます。

第二新卒の転職で有利になる資格は…

まず、「資格」について考えてみます。

みなさんは「資格」という言葉を聞いたとき、どんな「資格」を思い浮かべるでしょうか。

例えば、司法書士や行政書士、公認会計士、社会保険労務士、簿記、など業務やキャリアに直結しそうなイメージの資格から、野菜ソムリエやホームヘルパー、カラーコーディネーターなど良く耳にする資格まで多くの資格を思い浮かべると思います。

日本には実に1,000種類以上の資格があると言われています。

また、誰もが一度は「資格」を取得したいと考えたことがあると思います。

その時にはきっと色々調べられたと思いますが、恐らく「合格難易度」という言葉を何度も目にしたのではないでしょうか。

そして、この難易度の高さ、つまり合格率の低さに腰が引けて、資格取得を断念された方も多くいらっしゃると思います。

実は私にもそのような経験があります。

つまり「資格」には多くの種類があり、合格難易度(取得難易度)も様々であるということです。

次に私がなぜ必ずしも「資格を取得すべき」ではなく「有利にはなる」と考えているのか、という点についてです。

その理由を一言でお伝えすると、「転職で有利になる資格は合格難易度(取得難易度)が高いと言われている資格」だからです。

転職に有利な資格取得には時間とお金がかかる

これは、採用する企業側の視点に立ってみると分かりやすいと思います。

もしあなた自身が採用する立場だったら、「合格難易度(取得難易度)が高いと言われている資格」と「比較的取得しやすいと言われている資格」を保有している方のどちらを評価するでしょうか。

もちろん、「業務に直結している資格である」ということは大前提です。

前者と後者を比較した場合、恐らく前者の資格を保有している方を評価するのではないでしょうか。

採用する企業はこのような捉え方をしますので、転職において資格取得のメリットを十分に活かすには、「合格難易度(取得難易度)が高いと言われている資格」を取得する必要があります。

このような資格を取得するには、相当な量の勉強時間、テキスト、通信講座の受講費用などのコストがかかります。

このコストが想像以上にかかりますので、私は強い意志や想いを持って資格を取得すべきだと考えます。

改めてお伝えしますが、資格は、保有している知識やスキルを証明するものです。

また、その資格の取得には難易度に関わらず時間や費用などのコストが必ずかかります

さいごに

第二新卒の方にお伝えしたいのは、資格取得を考える際には、

・まずご自身がどんな職に就きたいのか
・どんなキャリアを積みたいのか

ということを考えて欲しい、ということです。

過去の転職相談の中で、合格難易度が高いと言われている資格に挑戦するために、現職を退職し、専門学校に通い、1年以上かけて合格を勝ち取った方と出会ったことがありました。

その方は、希望する職種にも就けたのに、「自分の描いていたイメージと違った」「想像していたことと違った」と感じ、結局、再度の転職を検討していました。

このような例からも、第二新卒の方には、何事も拙速に物事を進めるのではなく、入念な情報収集と準備をした上で転職先の企業や職種を考える、ということを意識していただきたいと思います。

これが、納得感の高い転職の実現、転職を成功させるために必要な要素だと考えています。

初めてのことだらけの転職においては、先輩やご友人はもちろん、キャリアコンサルタントにも一度相談することはとても重要になります。

みなさまの転職の成功を心より願っております。

>>【第二新卒の転職】準備・面接対策・成功例〜キャリアコンサルタント解説

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.07.18
    第二新卒の転職で失敗しない!20のチェックリストをキャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  2. 18.08.30
    第二新卒の転職におすすめの本5冊!キャリアコンサルタントがご紹介 第二新卒

  3. 18.08.01
    第二新卒で転職理由を面接で伝える3つのコツとは?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  4. 18.08.03
    第二新卒の転職時期のおすすめは?準備の進め方って?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  5. 18.09.12
    第二新卒の転職…資格は取得すべき?有利になる?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

  6. 18.08.25
    第二新卒の転職…大手は無理?大手事務の求人はある?キャリアコンサルタントが解説 第二新卒

Menu