転職面接の流れ!前日準備〜受付〜面接中〜退室を人事コンサルが解説

初めての転職面接や久しぶりの転職面接は、誰だって緊張しますよね。

とはいえ、面接ではできるだけ緊張を和らげ、良いパフォーマンスを発揮したいものです。

転職面接の流れがわかっているだけでも、緊張を和らげることはできます。

ここでは、転職面接当日の流れに沿って確認していきましょう。

転職面接の流れ①:会社訪問・受付

5つのチェックポイント

1.身だしなみや面接内容の最終チェック

2.携帯電話はマナーモード

3.約束の時間の5~10分前に受付

4.コートはたたんで片手にもつ

5.面接中の荷物の置き場所を尋ねる

約束の時間の5~10分前に面接会場へ入ります。

遅刻はもちろんマナー違反ですが、早すぎる到着も好ましくありません。

早めに着いてしまう場合は、会場近くの喫茶店などで、身だしなみや面接内容の最終チェックを行いましょう。

この最終チェックのとき、携帯電話をマナーモードにしておくと、面接中に鳴ることもなく安心です。

受付を済ませたら、面接まで待機となります。

コートは脱ぎ、軽くたたんで片手に持ちましょう。

荷物は、待機している部屋に置いていく場合と、面接を行う部屋に持ち込む場合、どちらの場合もあります。

指示が無い場合は、受付時に尋ねておくとよいでしょう。

転職面接の流れ②:面接開始・自己紹介

まずは入室時のマナーを確認しておきましょう。

11つのチェックポイント

入室時

1.ドアを2回ノック

2.面接官からの返答を待ち、「失礼いたします」と言って入室

3.面接官に対して後ろを見せないようにしながら、静かにドアを閉める

4.入室したら一礼

5.椅子の横に立つ

着席時

6.「(フルネーム)です。本日はよろしくお願いいたします。」と自己紹介し、深く一礼

7.「おかけください」と促されてから着席

8.(荷物があれば)椅子の横に立てておく

9.椅子には軽めに腰かけ、背筋を伸ばす

10.女性は脚を閉じ、手を重ねて膝の上へ

11.男性は脚を軽く開き、こぶしをゆるく握って膝の上へ

面接の初めは雑談から入ることも多いです。

互いの緊張を解く、いわゆるアイスブレイクです。

ここで緊張を和らげておけると良いですね。

さて、アイスブレイク後、一番初めに聞かれることが多いのは、自己紹介や職歴です。

面接の序盤で重要なことは、簡潔に、わかりやすく伝えることです。

自分をアピールしようと意気込み、内容を盛り込みすぎると、かえって伝わりにくくなってしまいます。

面接前に一度、自己紹介を簡潔に述べられるか、確認しておくと良いですよ。

転職面接の流れ③:転職理由・志望動機

転職面接で必ず聞かれることのひとつが、転職理由です。

4つのチェックポイント

× 前職のここが嫌だったから

○ 今後のキャリアを考えたとき、○○をしたいと思ったから

1.自分がやりたい仕事と業務内容が一致する点

2.(未経験の場合)新たにチャレンジしたい業務内容

3.(経験者の場合)深めたい専門性、広げたい裁量

4.この企業・職種の魅力的な点

転職するには様々な理由があります。

前職に不満を抱いて転職する方もいらっしゃるでしょう。

しかし、後ろ向きな理由をそのまま伝えると、面接官に「仮に入社してもすぐに退職してしまうのではないか」と不安を抱かせてしまいます。

前職への不満や愚痴は控え、キャリアアップのための前向きな転職であることを伝えるようにしましょう。

応募する業務内容と繫がるように前職の説明ができるとより良いですね。

また、希望する職種や応募企業の魅力を感じる点についても、前向きな回答ができるよう準備しておきましょう。

未経験の業務に応募する場合は、チャレンジしたいと思った業務内容と、その理由について述べます。

同職種を希望する場合は、転職することによって深めたい専門性や、広げたい裁量について述べると良いでしょう。

転職面接の流れ④:自己PR・条件面

2つのチェックポイント

1.自己PRは自分のスキルをどのように業務に活かすかアピール

2.条件面は理由を説明する

自己PRでは、あなたの持つスキルをどのように業務に生かすかを話しましょう。

専門的なスキルはもちろんですが、ビジネスマナーやタスク管理などの汎用的なスキルもアピールポイントになります。

スキルを活かして前職で問題解決をした経験を述べると、説得力が増します。

話の結びには、そのスキルで御社に貢献できるとアピールすることを忘れずに。

また、自己PRはつい話を盛りがちなポイントです。

しかし、あまりに過剰なアピールはかえって印象を悪くしますから、「御社に貢献します」という態度を崩さないようにしましょう。

質問が終わると、条件面の確認が行われます。

就業条件や希望給与について尋ねられるでしょう。

基本的には、正直に希望を伝えましょう。

しかし、理由を説明しないとただのわがままだと捉えられてしまいます。

残業が難しい場合はその理由を説明しましょう。

また、希望給与に関しても、給与アップを希望するならば相応の働きをすることを説明しましょう。

入社可能時期は、引き継ぎに必要な期間や就業規則を踏まえて、面接前に確認しておきます。

転職面接の流れ⑤:逆質問・面接終了

3つのチェックポイント

・面接官が【人事】の場合 ⇒ 制度や会社全体に関わる質問
・面接官が【現場】の場合 ⇒ 現場の業務についての質問
・面接官が【役員】の場合 ⇒ 会社の方向性に関わる質問

(帰宅まで気を抜かずに!)

面接の最後には「何か質問はございますか」と逆質問を受けるのがお決まりのパターンです。

疑問点・不明点があればここで訊いておきます。

さらに、逆質問は自分をアピールするチャンスでもあります。

面接官に合わせて効果的な質問をしましょう。

例えば、面接官が人事の場合は、研修制度や会社全体の雰囲気を尋ねるのに適しています。

面接官が現場の人間の場合は、現場の課題や目標、業務の進め方などについて尋ね、即戦力になることをアピールしましょう。

最終面接で面接官になる社長や役員に対しては、会社の方向性や拡大したい業務について質問することで、意欲があることを示しましょう。

面接終了後は、緊張が解けてだらしない姿を見せてしまいがちです。

面接中の努力を無駄にしないためにも、気を抜かずに帰りましょう。

喫煙や私用の電話は、面接会場から離れた場所ですると安心です。

さいごに

面接には事前準備がとても重要になります。

面接までに、受け答えの練習や服装・持ち物の確認をしておきます。

また、事前に面接会場までの経路・所要時間の確認をしておくと、落ち着いて面接へ向かえるでしょう。

念入りな準備をして、面接当日は落ち着いて面接に臨みましょう。

山崎晃平

株式会社NOMAL 執行役員

早稲田大学卒業後、ベンチャー·リンク、リクルートコミュニケーションズ、リクルートキャリアを経て、キャリアラインを設立。転職・起業向けOB訪問サイトCareerLineをリリース。翌年、人の魅力に特化した採用ブランディングツールHumanismを開発。

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.10.29
    【転職面接】おすすめ本ランキングTOP10!【レビュー付き】 転職面接

  2. 18.09.20
    転職面接の流れ!前日準備〜受付〜面接中〜退室を人事コンサルが解説 転職面接

  3. 18.11.02
    転職面接まとめ!準備・マナー・服装・逆質問・おすすめ本など【人事コンサル解説】 転職面接

  4. 18.10.15
    【転職面接】おすすめ時間帯は?時間がない場合の対処法は? 転職面接

  5. 18.10.03
    転職面接の服装!女性のスーツ・インナー・髪型・靴のマナーは? 転職面接

  6. 18.10.10
    転職面接の準備不足…面接前日にできる5つの準備とは? 転職面接

Menu