転職面接の逆質問で好印象を与える!失敗しないためのOK&NG質問集

面接の最後に聞かれる「何か質問はありますか?」。

いわゆる逆質問というものですね。

気が張っている面接中に「何か質問はありますか?」と言われて頭が真っ白になって、答えに戸惑うと合否に大きな影響を与えかねません。

何を質問したら良いのかわからなくなってしまい、面接官にネガティブな印象を与えてしまうのは避けたいですよね。

事前に逆質問のことを知り、対策をしておくことで、逆質問はむしろアピールタイムに変わるんです。

そこで今回は、逆質問で好印象を与えるためのコツ、具体的なOK・NGの質問例についてご紹介していきます。

逆質問をする企業側の3つの意図とは?

・志望度の高さ
・コミュニケーション能力
・企業の雰囲気との相性

志望度の高さのチェック

そもそも、企業側は逆質問で何を知りたいのでしょうか。

ひとつは、企業への志望度の高さです。

転職活動を行っている以上、複数の企業の面接を受けることになるでしょう。

企業の志望度が高ければ、ホームページを深く読み込んで準備していますよね。

企業側は、求職者がどの程度企業を理解しているかを逆質問で知り、理解が深いほど志望度が高いと考えます。

コミュニケーション能力のチェック

さらに、逆質問ではコミュニケーション能力も評価されています。

逆質問をスムーズに行うには、自分の考えをまとめること、適切な質問をすること、会話のキャッチボールをすることといったコミュニケーション能力を必要とします。

企業の雰囲気との相性のチェック

また、企業の雰囲気と相性が良いかを知る意図もあります。

逆質問は、何を質問したら良いのかわからなくなってしまうくらい、回答内容が自由です。

自由であるからこそ、個性や性格が出やすい質問です。

求職者の性格と企業の雰囲気・社風が一致すれば、大きなアピールになります。

逆質問で好印象を与える5つのコツとは?

・オープンクエスチョン(Yes/No で終わらない質問)

・入社後をイメージする

・長所を謙虚にアピール

・協調性や責任感のアピール

・面接官個人の考えを引き出す

オープンクエスチョンで!

質問方法には、クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンがあります。

クローズドクエスチョンとは、Yes/No で答えられる質問を指します。(例:空は青いですか)

一方オープンクエスチョンは、Yes/No では答えられず、文章で回答してもらう質問方式です。(例:空はどんな色ですか)

逆質問では会話のキャッチボールが大切ですし、面接官からより多くの情報を引き出したいところですので、オープンクエスチョンが適しています。

入社後をイメージしながら

入社後をイメージしましょう。

どのようなスキルが活かせそうでしょうか。

また、どのようなスキルを新たに得る必要があるでしょうか。

このように入社後をイメージした質問は、面接官に「入社して働いているあなた」を強く印象付けることができます。

さらに、入社後のイメージを持っていることを示すことで、意欲の高さもアピールできます。

長所は謙虚にアピール

長所のアピールは謙虚な言いまわしで行いましょう。

長所を活かす機会があるか・それはどのような機会かをたずねることで、それとなく長所のアピールができます。

協調性・責任感をアピール

現職で、顧客や同僚に対して心がけていることはありますか。

その心がけていることを入社後にも活かせそうでしょうか。

あるいは、入社後にさらに求められる部分はどこでしょうか。

顧客や同僚に対しての配慮は、協調性や責任感をアピールできます。

面接官個人の考えを聞く

面接官個人の考えを聞き出すのも、強く印象を残すことができます。

よくある質問に「(面接官)様から見てどう思われますか」と付け加えるだけで、面接官は個人的な意見を答えるために頭を働かせることとなります。

転職面接での逆質問OK例

[入社後をイメージさせる]

・採用していただける場合は、どのような部署へ配属となりますか

・現職で○○のスキルを得ました。貢献できるかと思うのですが、足りない部分があればお教えください

・配属先の1日の流れを教えていただけますか

・中途入社者に期待するのはどのような点ですか

[長所のアピール]

・現職では○○のポジションを任され、○○のような取り組みを行っています。御社で同じポジションの方は、どのような取り組みをされていますか

・○○という性格/資格は、御社の業務のどのような場面で活かせるでしょうか

・○○を得意としていますが、今回募集されている○○職で求められる能力はどのようなものですか

[協調性のアピール]

・現職では様々な職種との連携が必要とされますので、良い雰囲気を作り出すべく、自発的・積極的なコミュニケーションを心がけております。御社の雰囲気についてお聞かせ願えますか

・現職ではお客様から○○といった要望が多く、○○に気を使っております。御社ではさらに○○への気遣いも求められると感じたのですが、いかがでしょうか。また、他にも気を使う点があればお教えください

[面接官個人の考えを引き出す]

・御社の○○という社風に魅力を感じています。○○様から見て、社風を象徴する具体的なエピソードにはどのようなものがありますか

転職面接の逆質問で避けたい3つのこと

・事前に調べればわかることを質問

・すでに説明されたことを質問

・待遇に関する必要以上の質問

✕事前に調べればわかること・すでに説明されたことを聞く

ホームページを見ればわかるような内容を質問してしまうのは、準備不足を暴露しているようなものです。

もっと詳しい内容を知りたくて質問する場合は、「ホームページで○○と拝見したのですが」と一言つけると印象が変わるでしょう。

✕待遇について必要以上に聞く

待遇は、詳しく聞きたいけれど、聞きすぎると仕事への意欲を疑われてしまう悩ましい質問内容ですね。

どうしても聞きたい場合は、少し工夫をします。

残業や休日に関して聞きたい場合は、「現職では、○○時間ほどの残業をしております/月に○日ほどの休日出勤をしております」と添えましょう。

やむを得ない残業や休日出勤であれば、きちんとこなしてきたことをアピールできます。

また、給与面に関して聞きたい場合は、直接金額を聞かず、他の社員のケースや昇給制度についてたずねます。

さいごに

企業側の意図と好印象を与えるコツを踏まえれば、逆質問は強力なアピールタイムになります。

逆質問を上手に利用して、面接の最後にもうひと押ししましょう。

山崎晃平

株式会社NOMAL 執行役員

早稲田大学卒業後、ベンチャー·リンク、リクルートコミュニケーションズ、リクルートキャリアを経て、キャリアラインを設立。転職・起業向けOB訪問サイトCareerLineをリリース。翌年、人の魅力に特化した採用ブランディングツールHumanismを開発。

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.10.29
    【転職面接】おすすめ本ランキングTOP10!【レビュー付き】 転職面接

  2. 18.10.11
    【転職面接】面接官が見せる10の不採用・採用フラグとは? 転職面接

  3. 18.10.10
    転職面接の準備不足…面接前日にできる5つの準備とは? 転職面接

  4. 18.10.09
    転職面接の服装が指定なし…面接官に良い印象を与える3つのコツは? 転職面接

  5. 18.11.02
    転職面接まとめ!準備・マナー・服装・逆質問・おすすめ本など【人事コンサル解説】 転職面接

  6. 18.09.20
    転職面接の流れ!前日準備〜受付〜面接中〜退室を人事コンサルが解説 転職面接

Menu