転職面接マナー!面接前に知っておきたい30のチェックリストとは?

転職の面接で合否を分けるのは受け答えの内容だけでしょうか?

実は、社会人としての基本的なマナーが身についていることも重要です。

面接で好印象を残せるように、マナーを確認しておきましょう。

転職面接でマナーな大切な理由とは?

そもそも、なぜ面接でマナーが重要なのでしょうか。

それは視覚情報が第一印象に直結するからです。

メラビアンの法則をご存知でしょうか?

非言語コミュニケーションの重要さを示す心理学の法則です。

例えば、「ぜひ入社したいです」と話しているが、低い声でぶっきらぼうな態度だった場合、つまり話の内容(言語情報)と、声のトーンやスピード(聴覚情報)、態度や仕草(視覚情報)に矛盾があった場合、どの情報を重視するかを調べたものです。

結果は、言語情報7%・聴覚情報38%・視覚情報55%でした。

このことからも、良い話(言語情報)をしていても、マナー(視覚情報)が伴っていなければ印象は良くならないことがわかります。

逆に言えば、マナーが身についていれば、あなたの印象は格段に良くなります。

良い印象を残せるよう、マナーをチェックしていきましょう。

転職面接のマナー対策【前日編】

1.服装は面接に相応しいか

2.スーツや靴にしわ・汚れがないか

3.持ち物は万全か

服装は面接に相応しいか?

前日までに、身に着けるものや持ち物の確認をしましょう。

まずは服装から。

転職面接では服装の指定が無いことも珍しくありません。

基本的にはスーツで行けば間違いないでしょう。

そのスーツは華美ではないですか。

あるいは大学生が着るようなリクルートスーツで、社会人としては頼りなく見えてしまっていませんか。

スーツや靴にしわ・汚れがないか?

次に、スーツや靴にしわ・汚れはありませんか。

印象を良くするには、清潔感があることが重要です。

アイロンをかけてしわを伸ばしたり、靴磨きをしたりしておきましょう。

持ち物は万全か?

最後に、持ち物に不足はありませんか。

忘れ物は先方に対し失礼なだけでなく、自分も焦って平常心を失ってしまいがちです。

応募書類・企業に指定された書類はもちろんですが、印鑑や身分証明書、募集要項も持っていくと安心です。

転職面接のマナー対策【受付編】

4.到着は15分前

5.受付は5分前

6.やむをえない遅刻はすぐに連絡

7.携帯電話は電源OFFかサイレントマナー

8.コートは入館前に脱ぐ

9.受付は丁寧に

10.控室では下座

到着は15分前、受付は5分前

当然ながら、約束の時間に遅れてしまっては印象が良くありません。

しっかり時間の余裕をもって行動しましょう。

到着は15分前・受付は5分前が目安です。

早すぎると感じる方もいるでしょう。

しかし、交通機関が遅延するかもしれませんし、初めて行く場所は迷ってしまうかもしれません。

早めに着いた場合は、身だしなみを整えつつ、面接で伝えたい内容を確認しましょう。

携帯電話は電源OFFかサイレントマナー

入館前には、携帯電話を電源OFFあるいはサイレントマナーにしておきましょう。

面接中に音が鳴るのはもちろん困りますが、静かな部屋ではバイブレーションも大きく響きます。

また、コートも入館前に脱いでおきましょう。

受付時から丁寧に

受付では丁寧にはきはきと挨拶をし、取り次いでもらいましょう。

受付に限りませんが、社員に対する態度は面接官に伝えられることも多いものです。

気を引き締めていきたいですね。

控室では下座を意識

控室では下座に座りましょう。

入口に最も近い席が下座です。

転職面接のマナー対策【入室時編】

11.ノックは3回

12.「どうぞ」と言われてから「失礼いたします」と入室する

13.ドアは振り返って両手で閉める

14.挨拶ははっきりと

15.お辞儀は挨拶を言い終えてから

16.椅子の横でもう一度挨拶と一礼

17.「お座りください」と言われてから着席

18.コートは二つ折りで椅子の背もたれ、カバンは足元

ドアは振り返って両手で閉める

入室後にドアを閉めるとき、つい後ろ手に閉めたくなってしまいますが、これはNG。

きちんとドアのほうを向き、両手で静かにドアを閉めましょう。

お辞儀は挨拶を言い終えてから

ドアを閉めたら面接官に対して挨拶をします。

「(氏名)と申します。本日はよろしくお願いいいたします。」

緊張しますが、明るくはっきりと言うのがポイントです。

お辞儀は挨拶を最後まで言い終えてからにしましょう。

転職の面接では就活ほど固くならず、日常に近い自然な振る舞いをしましょう。

そのほうが仕事に慣れた社会人らくし見えるため好まれます。

転職面接のマナー対策【面接中編】

19.面接のお礼を伝える

20.面接官の名刺は名前を名乗って受け取り、向かって左に置く

21.良い姿勢で

22.目を見てハキハキ話す

23.逆質問ではメモをとる

まずは面接の時間をとってもらったことに対してお礼をしましょう。

面接官の名刺を渡されても、現在の企業の自分の名刺を渡さなくて構いません。

自分の名前を名乗って名刺を受け取り、向かって左に置きましょう。

転職面接のマナー対策【面接終了後編】

24.改めて面接のお礼を伝える

25.意欲を伝える

26.立ち上がってお礼と一礼

27.エレベーターではドアが閉まるまで頭を上げない

28.コートを着るのは面接官が見えなくなってから

面接の終わりには、面接の時間をとってもらったことへのお礼と選考に対する意欲を簡潔に伝えましょう。

立ち上がった時にお礼と一礼、退室時にも「失礼いたしました」と一礼します。

エレベーターまで見送られる場合は、エレベーターのドアが閉まるまで頭を下げたままでいましょう。

入り口まで見送られる場合は、入り口から出た後にもう一度一礼すると丁寧です。

29.当日中にお礼メール

30.自分のメールでやり取りを終える

お礼メールは必ず当日中に送りましょう。

目下のメールでやり取りを終えるのがマナーですから、自分のメールでやり取りを終えるようにします。

さいごに

転職の面接時の印象を大きく左右するマナー。

当たり前のことばかりかもしれませんが、面接当日は緊張してしまうもの。

マナーが身についていることを上手にアピールして好印象を残しましょう。

山崎晃平

株式会社NOMAL 執行役員

早稲田大学卒業後、ベンチャー·リンク、リクルートコミュニケーションズ、リクルートキャリアを経て、キャリアラインを設立。転職・起業向けOB訪問サイトCareerLineをリリース。翌年、人の魅力に特化した採用ブランディングツールHumanismを開発。

関連記事

  1. 18.10.29
    【転職面接】おすすめ本ランキングTOP10!【レビュー付き】 転職面接

  2. 18.09.20
    転職面接の流れ!前日準備〜受付〜面接中〜退室を人事コンサルが解説 転職面接

  3. 18.10.01
    転職面接の逆質問で好印象を与える!失敗しないためのOK&NG質問集 転職面接

  4. 18.10.03
    転職面接の服装!女性のスーツ・インナー・髪型・靴のマナーは? 転職面接

  5. 18.10.09
    転職面接の服装が指定なし…面接官に良い印象を与える3つのコツは? 転職面接

  6. 18.11.02
    転職面接まとめ!準備・マナー・服装・逆質問・おすすめ本など【人事コンサル解説】 転職面接

Menu