転職面接の服装!女性のスーツ・インナー・髪型・靴のマナーは?

初めての転職面接。第一印象から、できるだけ好印象を残したいですよね。

当たり前のことですが、身だしなみがきちんとしていると好印象です。

どんなに面接で素晴らしいことを言ったとしても、髪がボサボサでよれよれの服だったら説得力がないですよね。

中身で勝負する上でも、まずは服装から整えましょう。

そこで今回は、転職面接における、服装などの身だしなみについてポイントをご紹介します。

【転職面接の服装】3つのポイント

・清潔感

・きちんと

・万人受け

1.清潔感

まず必須なのは清潔感です。

不潔な人と一緒に働きたい人はいないでしょう。

一緒に働くなら清潔感のある人が良いですよね。

実際に清潔であることも必要ですし、清潔感を演出することも大切です。

2.きちんと

次に、きちんとした印象が大切です。

だらしない印象を与えてしまうと、仕事ぶりまでだらしないのではと思われてしまいます。

3.万人受け

最後に、全世代に受けの良い装いを意識しましょう。

面接本番になるまでは、どの世代の人が面接官になるかわかりません。

若い世代では素敵だと思われる装いが、上の世代にはだらしなく映るかもしれませんよ。

女性のスーツ・インナー選び、OK・NGポイント

スーツ選びのOK・NGポイント

インナー選びのOK・NGポイント

基本的には、遊びの少ないシンプルなものを選べば大丈夫です。

ただし、就活生のような服装は頼りない印象を与えることもあります。基本的には、遊びの少ないシンプルなものを選べば大丈夫です。

リクルートスーツや白いブラウスを避けると、社会人らしさを演出できるでしょう。

ボトムスをスカートにするかパンツにするかは、自分の好みや与えたい印象によって選びましょう。

スカートは、清楚さやフェミニンさをアピールできます。

パンツは、キャリアウーマン感を印象づけられます。

ストッキングは無地のベージュのものを選びましょう。

色付きのストッキングやタイツはカジュアルな印象を与えてしまいます。

また、伝線したときのため、予備の1足を持ち歩いておくと安心です。

女性の髪型マナー、髪型の3つの例

・黒髪

・前髪はピンで固定

・お辞儀をしても髪が顔にかからない

就活のときほどかっちりした髪型にする必要はありません。

とはいえ、清潔感のある髪型が好まれるのは間違いないでしょう。

髪色は業界にもよりますが、黒が無難です。

面接の前には美容室に行って、髪色を暗くしたり、ヘアカットをしたりしておきましょう。

美容室には面接1週間前くらいに行っておくと、面接当日にはカラーもなじみます。

長い前髪はピンでとめておくことで、明るい表情を印象付けられます。

また、必要に応じて、前髪以外の部分もピンやヘアゴムでまとめましょう。

面接中に何度も髪をかき上げるのは、あまり印象が良くありません。

ショートヘアの方は結ばなくても良いですが、ロングヘアの方は髪を結んでおくと良いでしょう。

ハーフアップや低めのポニーテールは、落ち着いた印象を与えられるのでおすすめですよ。

最後にワックスで頭頂部のアホ毛や襟足のおくれ毛を抑えましょう。

靴・ネイル・カバンのマナーは?

・靴はプレーンな黒パンプス

・ネイルは素爪、あるいはヌードカラーやクリア

・カバンはA4の入る自立するもの

靴はプレーンな黒パンプス

靴はプレーンな黒のパンプスを選びましょう。

ヒールは3~5cmのものがおすすめです。

たしかにヒールが高いとスタイルはよく見えます。

しかし、ピンヒールは安定性が悪い上、歩くときにカツカツと音がしてしまいます。

面接では、ヒールは太めのものが良いでしょう。

ヒールは太くてもすり減るとカツカツ音がするようになります。

事前にかかとがすり減っていないか、傷や汚れが無いか確認しておきましょう。

ネイルは控えめに

ネイルは、ネイル可の職場であっても面接のときには控えめにします。

少なくともアートが施されたネイルはやめておきましょう。

素爪を爪磨きで磨くか、ヌードカラーのワンカラーネイルやクリアネイルが良いでしょう。

カバンはA4の資料が入れやすいもの

カバンはA4の入るサイズを選びましょう。

転職活動時には様々な資料を持ち歩きます。

また、面接先から資料を受け取ることもあるでしょう。

資料をスマートにしまえるよう、A4サイズは楽にしまえるカバンだと良いですね。

また、面接中はカバンを足元の床に置くことが多いです。

そのため、床に置いたときに自立するカバンを選びましょう。

さいごに

転職面接の服装では、「清潔感」「きちんと感」がなにより重要です。

面接内容で合否が決まるならまだしも、服装で合否が分かれてしまってはもったいないですよね。

身だしなみに気を使って、外見からも好印象を残しましょう。

山崎晃平

株式会社NOMAL 執行役員

早稲田大学卒業後、ベンチャー·リンク、リクルートコミュニケーションズ、リクルートキャリアを経て、キャリアラインを設立。転職・起業向けOB訪問サイトCareerLineをリリース。翌年、人の魅力に特化した採用ブランディングツールHumanismを開発。

関連記事

  1. 18.10.29
    【転職面接】おすすめ本ランキングTOP10!【レビュー付き】 転職面接

  2. 18.10.02
    転職面接マナー!面接前に知っておきたい30のチェックリストとは? 転職面接

  3. 18.09.20
    転職面接の流れ!前日準備〜受付〜面接中〜退室を人事コンサルが解説 転職面接

  4. 18.10.10
    転職面接の準備不足…面接前日にできる5つの準備とは? 転職面接

  5. 18.10.09
    転職面接の服装が指定なし…面接官に良い印象を与える3つのコツは? 転職面接

  6. 18.10.11
    【転職面接】面接官が見せる10の不採用・採用フラグとは? 転職面接

Menu