【転職面接】面接官が見せる10の不採用・採用フラグとは?

面接で面接官と盛り上がり、手ごたえを感じて帰宅したものの、届いたのは不合格通知

そんな経験はありませんか。

それは、面接官が見せる不採用フラグを見落としていたのかもしれません。

また、不採用フラグだけではなく、採用フラグも併せて感じ取ることができれば、面接中に受け答えの方向性の修正をしていくことも可能です。

面接官が見ているポイント

・十分なスキルをもっているか

・ビジネスマナーが身についているか

・コミュニケーション能力は十分か

・社風に合う人柄か

・熱意を感じられるか

面接官はどのようなポイントを見て、評価しているのでしょう。

それは、ひとことで言ってしまえば、「一緒に働きたいか」

では、どのような人と一緒に働きたいでしょうか。

募集するポジションに対して十分なスキルをもっていることは必須ですね。

また、コミュニケーション能力や人柄なども重視されますが、最終的にはこの会社で働きたいという熱意が伝わらなければなりません。

【転職面接】10の採用フラグ

面接官がこちらに興味を示すもの

①質問が多い

②回答に対して面接官の反応が良い

③面接時間が長い

深掘りするような質問が多いのも特徴です。

そして、質問数が多くなった結果、面接時間が長くなりがちです。

次回の話題が出る

④次回の選考のアドバイスを受ける

⑤次回の選考のスケジュールを確認される

⑥入社後の説明がある

⑦具体的な待遇面についての相談がある

次回選考の話題は、「次の選考に進めますよ」という意味です。

アドバイスを受けた場合は、次の選考までに対策を立てておきましょう。

入社後の説明がある場合は、少なくともその面接官から見て、入社の可能性があるということです。

具体的な待遇面の相談は、あなたの入社後を強くイメージした結果の発現です。

面接官の頭の中では、すでに配属先の検討がされているのですね。

企業側からのアピールを示すもの

⑧社風と相性が良いと言われる

⑨社員を紹介される

⑩会社や仕事の魅力を説明してくれる

「社風と相性が良い」というのは「あなたはこの企業と合っている」という意味です。

社員を紹介される場合は、一足先に未来の同僚と顔合わせです。

また、他の会社ではなく自社を選んでもらえるように、面接官から魅力を語ってくれることもあります。

いずれにせよ、「ほしい人材」であると認識されたがゆえのアピールです。

これらのサインは、可能性の高い採用フラグにあたります。

【転職面接】10の不採用フラグ

面接官が興味を失っているとき

①面接時間が極端に短い

②面接官の反応が薄い

③質問が少ない

④面接官がメモをとっていない

⑤業務内容の話が少ない

⑥一方的に否定される

採用フラグと逆で、面接官が興味を失っているときに見られがちな仕草です。

業務内容の話が少ないときは、相対的に雑談の割合が高くなります。

面接で盛り上がったにもかかわらず不採用のときは、このパターンかもしれませんね。

募集しているポジションへの適正が低い

⑦他の職種/業種を勧められる

面接官から見て、募集しているポジションへの適性が低いことを示しています。

面接の合否とは別の問題になりますが、勧められた職種/業種について調べてみると良いでしょう。

思わぬ適性に気付くかもしれません。

ただし、同じ会社の別のポジションを勧められた場合は評価が高い可能性もあるため注意しましょう。

これには優秀だと判断した人を、優先的に採用したい部署や、難易度の高い職種で採用したいという意図があります。

アピールを促される

⑧最後になにかアピールすることはありますか」と聞かれる

面接の最後にもう一度アピールを促されるのは、面接官から出された助け舟です。

このままでは不採用になってしまうので、挽回の機会を与えるべくアピールタイムを設けているのです。

面接官の都合

⑨今後の選考の説明が無い

⑩合否通知が後日メール

面接官にもこなさなければならない多くの業務があります。

不採用になる可能性の高い相手に割く時間は、最小限に抑えたいですよね。

面接中に選考や合否について詳しく説明をし、それに関する質問を受けて説明し……。

不採用にする相手にそれだけの時間を割くのは避けたいところです。

そのため、次の選考の説明を省いたり、合否を後日メールで送ったりするのです。

不採用フラグへの対処法

不採用フラグに気付いても、諦めたくないときはありますよね。

では、どのように対処すれば挽回できるのでしょうか。

不採用になるには理由があります。

面接官がみているポイントを覚えていますか?

・十分なスキルをもっているか

・ビジネスマナーが身についているか

・コミュニケーション能力は十分か

・社風に合う人柄か

・熱意を感じられるか

どのポイントで減点されているでしょうか。

思い当たる点があれば、振る舞いを正したり追加でアピールをしたり、面接中に方向性を修正していきましょう。

さいごに

採用フラグ・不採用フラグは絶対ではありません

採用フラグがみられても不採用になることはありますし、不採用フラグがみられても採用になることもあります。

フラグを上手に感じ取って、アピールのかじ取りをしましょう。

山崎晃平

株式会社NOMAL 執行役員

早稲田大学卒業後、ベンチャー·リンク、リクルートコミュニケーションズ、リクルートキャリアを経て、キャリアラインを設立。転職・起業向けOB訪問サイトCareerLineをリリース。翌年、人の魅力に特化した採用ブランディングツールHumanismを開発。

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.10.09
    転職面接の服装が指定なし…面接官に良い印象を与える3つのコツは? 転職面接

  2. 18.10.15
    【転職面接】おすすめ時間帯は?時間がない場合の対処法は? 転職面接

  3. 18.10.03
    転職面接の服装!女性のスーツ・インナー・髪型・靴のマナーは? 転職面接

  4. 18.10.11
    【転職面接】面接官が見せる10の不採用・採用フラグとは? 転職面接

  5. 18.10.01
    転職面接の逆質問で好印象を与える!失敗しないためのOK&NG質問集 転職面接

  6. 18.11.02
    転職面接まとめ!準備・マナー・服装・逆質問・おすすめ本など【人事コンサル解説】 転職面接

Menu