【転職準備】一般常識や適性検査の対策方法は?キャリアコンサルタントが解説

「筆記試験があるなんて予想外だった…!」

転職活動を進めていく中で、このような場面に出くわすことがあります。

「ようやく面接が決まった!」と思って企業からの面接案内のメールを見て、筆記試験があることに気づき、準備の時間も無く愕然とする、ということが良くあるようです。

新卒の就職活動の時は筆記試験がある、ということは何となく理解できるけど、

中途採用でもあるのか…一体何をどれくらい準備すれば良いのだろう?」

と不安に感じている方も多いかと思います。

今回は、転職準備に勉強は必要?一般常識や適性検査の対策方法とは?
ということに関して解説をしていきたいと思います。

そもそも筆記試験とはどのような種類のものがあるのか、というところから解説していきます。

筆記試験の3つのパターンと実施理由

中途採用における筆記試験は以下の3つの種類があります。

⑴学力や知識のレベルを問うもの

⑵専門的な知識のレベルを問うもの

⑶性格など候補者の内面を見るもの

なぜこのような筆記試験を実施するのでしょうか。

筆記試験を実施している企業に、実施している理由を上記の種類別に確認すると以下のような回答が返ってきます。

⑴学力や知識のレベルを問うもの

・昔から実施しているから

・新卒も実施しているから

・どれくらいの知識レベルなのかを知っておきたい

このように曖昧で特に理由がないことが多いです。

多くの企業が、余程の事がない限りこの試験で不合格にすることはありません。

⑵専門的な知識のレベルを問うもの

・入社後の支援のレベルを把握するため

・職務経歴書や面接では専門的な知識のレベルが判断しきれないため

このような回答が多く返ってきます。

経験を重視する中途採用に特徴的な試験だと思います。

入社後のスキルや知識面でのミスマッチを防ぐために実施されている、と言えるのではないでしょうか。

⑶性格など候補者の内面を見るもの

・配属先の上長との相性を見るため

・社風や組織風土と合うかを確認するため

・入社後に活躍するタイプかどうかを見極めるため

このような回答が多く返ってきます。

現在の性格適性検査は進化し続けており、性格タイプだけではなく職場や上長との相性や入社後の支援の仕方まで提示してくれるようなものが出てきています。

企業は性格的な側面などその人の内面という観点で、長期的な就業の可能性や活躍の可能性を見極めるために、このような試験を活用する、ということが多いようです。

従って、⑴や⑵は実施しないけど⑶だけは実施する、もしくは学力や知識の試験もやるけど、参考にするのは性格適性検査です、という企業が多くなっています。

ここまで、筆記試験の種類や実施理由についてお話をしてきました。

筆記試験での採用基準は?

筆記試験、というくらいですから、実施企業には必ず「採用基準」があります。

この基準をクリアーするために準備をすることは大切なことだと思います。

では、この「基準」はどのように決まるのか、ということに関して少し解説します。

⑴学力や知識のレベルを問うもの

⑵専門的な知識のレベルを問うものに関してもそうですが、これらを実施する企業には、最低限のラインと標準的なラインの2つの基準を持っている企業が多いです。

これは、通常は標準的なラインで合否を決めるのですが、経験やお人柄が良く、これらの面では合格だけど筆記試験は基準に満たない…という場合に使用される基準です。

⑶性格など候補者の内面を見るもの

このタイプに関しては、明確な基準を持っている企業が多いです。

過去の採用者(≒現社員)の実施データをベースに活躍事例や早期退職事例、組織風土などを組み合わせ、項目ごとに基準となる「範囲」を決めている企業がほとんどです。

先ほどの⑴や⑵の試験と違い、どんなに経験やお人柄が良くても、⑶が基準範囲内ではないので採用しない、という事例はたくさんあります。

それくらい企業は大切な基準として運用しています。

いざ対策!でも…

合否の基準があることは分かったので、みなさんは準備をしなければ!と思っていると思います。

同時に、一体どんな準備をすれば…と途方に暮れてしまっているのではないでしょうか。

準備をする上で一番重要なのは、いきたい企業や受ける企業がどんな筆記試験をどれくらいのウェイトで実施しているか、を知ることだと思います。

形式や出る範囲が分かっていれば、対策は簡単です。

しかし、多くの企業は筆記試験に関しては情報を非開示にしている企業が多いです。

公平に正しく実力を測りたい、というのが非開示の理由となっていることが多いです。

情報を入手するには、過去の受験者に聞くかWEBで調べると稀に出てくるケースがありますが、変わっている可能性もあり正しい情報とは限らないのが難しいところです。

筆記試験対策はどうすれば?

では筆記試験対策はどのようにすれば良いのでしょうか。

種類ごとに解説をしていきます。

⑴学力や知識のレベルを問うもの

これに関しては、本屋さんでたくさん売られている対策本を買って対策するのが一番良いと思います。

最近はWEBでも対策サイトがあります。一般常識に関しては時事問題から出ることが多いので新聞などで日々情報を仕入れておくと良いかと思います。

⑵専門的な知識のレベルを問うもの

これに関しては専門書や資格の本などを読んで対策をしておくことが良いと思います。

⑶性格など候補者の内面を見るもの

これに関しては対策をする必要はありません。

逆に自分を偽ると、長期的な就業や活躍の観点で阻害する要因となってしまう可能性があります。「ありのままに」が鉄則です。

さいごに

今回は筆記試験の種類や実施される理由、合格基準の決められ方から対策の仕方までを解説しました。

点数で判断するような⑴や⑵のような筆記試験を実施している企業は、2〜3割と言われています。

筆記試験は苦手だから筆記試験のある企業を受けない、と明確に決めて活動している転職希望者の方もいらっしゃるかもしれません。

対策をするのかしないのか、筆記試験のある企業を受けるのか受けないのか、それはみなさんそれぞれの判断ですが、希望の企業に入る確率が上がるということは言えるでしょう。

少しでも、あなたが納得できる転職に繋がるように、このコラムが一助となれば幸いです。頑張ってください!

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.11.13
    在職中の転職活動がバレない方法とは?キャリアコンサルタントが解説 転職準備

  2. 18.08.07
    転職準備!失敗談から学ぶ3つの成功のコツとは?人事コンサルが解説 転職準備

  3. 18.07.12
    転職準備で資格取得はアリ?おすすめ資格ランキングで人事コンサルが解説 転職準備

  4. 18.10.24
    【在職中の転職】平日の面接へ行けない場合は?3つの対処法! 転職準備

  5. 18.10.29
    【在職中の転職】履歴書の書き方のコツとは?記入例で詳しく解説 転職準備

  6. 18.10.19
    【転職準備】一般常識や適性検査の対策方法は?キャリアコンサルタントが解説 転職準備

Menu