【在職中の転職】履歴書の書き方のコツとは?記入例で詳しく解説

転職活動では正解が分からない、どうしたら良いか想像もつかない、といったことが次々と起こります。

都度立ち止まり、心が折れそうになりながらも、なんとか前に進み成功を手に入れます。

転職活動の中で最も心理的なハードルが高いのが、応募書類の作成、いわゆる「履歴書や職務経歴書」の作成だと思います。

今回は特に「履歴書」にフォーカスして、転職希望者の方から良くいただく質問をベースに書き方のコツを解説していきたいと思います。


どんなものを選べば良い?

「履歴書を提出してください」「持参してください」と言われてインターネットで調べてみたら、どれを選べば良いか分からないほどたくさんあった、という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言うと、私は氏名、住所、職歴を書く欄があって、写真を貼る欄があれば何でもよい、と考えています。

用紙のサイズはA4判で、左右合わせてA3判が良いと思います。

JIS規格の履歴書でなくてもいい?

以前はJIS規格の履歴書でないとダメ、と言われていた時期もありましたが、そうでもないというのが現状です。

上記以外の項目では、志望動機などは書くのが大変なので、欄が無いものを利用することで避ける方もいらっしゃいます。

また、今はExcelなどのデータで原本がありますので、レイアウトは活用しながらも項目を自作される方もいます。

例えば社会人なのに得意な科目、と言われても困るので、他の項目に置き換えるという方も多くいらっしゃいます。

手書きではないとダメ?

個人的な感覚ですが、一昔前までは手書きである事が必須だったと思いますが、今はそうではない、という感覚です。

ただ、多くの転職コンサルタントは迷ったら手書きで、とアドバイスをしているのも事実です。

企業の採用担当者に、履歴書は手書きの方が良いかどうか聞くと、「手書きが良い」と答える企業と「どちらでも良い」と答える企業とでは、「手書きが良い」がやや上回る程度です。

手書きを好む企業。その理由は?

・以前からの慣習のため

・文字や書き方で人柄などを見ている

・稟議を通す時に判断する役職者は年輩の方が多く、手書きを好む傾向にある

上記のように、どうしても手書きでなければならない理由はありません。

また、履歴書が手書きでなければ選考を不合格にする、と言っている企業は聞いたことがありません。

迷ったり悩んだら、企業の人事に確認すると良いのではないでしょうか。

写真はどうすれば良い?

履歴書の写真についても質問を受けることが多いです。

スピード写真でなくても良いですし、デジカメやスマートフォンで撮影したものでも良いです。

何度も撮影し直せる、デジカメやスマートフォンが主流になってきています。

ただ、スーツなどを着用し、男性はネクタイを締めた服装であること、胸から上が写っていることは必須です。

背景は白を選ばれる方が多いです。

注意点は?

気を付けなければならないのが、自撮りです。

明らかに自撮りで撮ったことが分かり、お世辞にも履歴書に相応しいとは言えない写真になってしまうことがあります。

机や台の上にスマホやデジカメを置いてセルフタイマーを利用して撮影することをオススメします。

また、貼り付ける写真のサイズにも留意してください。

枠のサイズよりも著しく小さい写真は、見栄えや印象が悪くなる可能性があります。

フォントや字の大きさ、色は?

履歴書だけでなく、書類は全て見やすいことが大切です。

文字の色は黒が良いと思います。

PCで作成される場合は、フォントは明朝体大きさは10.5〜12ptくらいが見やすいと言われています。

西暦と和暦どちらが良い?

結論は、どちらでも良いですが、全ての項目をどちらかに統一してください。

履歴書だけでなく職務経歴書も、最近の主流は西暦です。

採用側としては、和暦で書かれると分かりにくい、ということがあるようです。

学歴はどこから書けば良い?

学歴は高校入学から書けば良いと思います。

学歴や職歴の入学年、卒業年を間違える方が非常に多いので、インターネット上にある早見表などでしっかりと確認することをオススメします。

職歴に関してのQ&A

書き方で一番悩ましいのが職歴ではないでしょうか。

こちらも良くいただく質問をベースにQ&Aで解説していきます。

Q.社名が変わった場合は?

A.旧社名(現社名)で書きましょう。

Q.在職中の場合は?

A.社名からスペースを空けて在職中と書くと良いと思います。在職中であることが分かりやすい、という観点が大切です。

Q.派遣社員の場合は?

A.派遣元が同じであれば、派遣元社名を記載し、派遣先の企業名と簡単な業務内容を書くと良いと思います。

Q.退職理由はどこまで書けば良い?

A.履歴書では、一身上の都合で良いと思います。

Q.職務内容はどこまで書けば良い?

A.書く欄が多いわけではないので、簡潔に一言くらいで書く必要があります。

職務が変わっている場合は、社名の下の段から先頭をズラして「○年○月から○年○月▲▲課主任」などと書くと良いと思います。

Q.賞罰は何を書けば良い?

A.会社で賞をもらっている場合は是非記載してください。

また、懲戒などの処分を受けている場合も記載する必要があります。


さいごに

ここまで履歴書の書き方について、ご質問が多い内容をベースに解説をしてきました。

履歴書の書き方はイメージできましたか?

履歴書作成は転職活動の最初のハードルと言われています。

このハードルを確実に早く乗り越えて、充実した転職活動になることを願っています。

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2018年10月29日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承ください。

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.10.29
    【在職中の転職】履歴書の書き方のコツとは?記入例で詳しく解説 転職準備

  2. 18.11.13
    在職中の転職活動がバレない方法とは?キャリアコンサルタントが解説 転職準備

  3. 18.10.24
    【在職中の転職】平日の面接へ行けない場合は?3つの対処法! 転職準備

  4. 18.08.07
    転職準備!失敗談から学ぶ3つの成功のコツとは?人事コンサルが解説 転職準備

  5. 18.10.19
    【転職準備】一般常識や適性検査の対策方法は?キャリアコンサルタントが解説 転職準備

  6. 18.10.17
    【転職準備】内定の期間は?3つのケースからキャリアコンサルタントが解説 転職準備

Menu