在職中の転職活動がバレない方法とは?キャリアコンサルタントが解説

平日に面接を設定され、そのために有給休暇を頻繁に取っていた。

「活動していることがバレてしまいそうだ…」

「バレたら上司に何か言われるかもしれない…」

「もしかしたらクビになるのではないだろうか…」

そんな風に、転職活動のために休みを取ることが増えると、そのリスクが気になりますよね。

在職中の方が転職活動を進めて行く上で、面接時間の確保は大きな壁になるでしょう。

有給休暇を取って休み、面接に向かうことにためらいを感じることもあるかもしれません。

有休や半休の取得、定時帰りが出来る職場であれば良いと思いますが、多くの職場がそのような状況ではないと思います。

このような場合、頻繁に休みを取得したり、早く帰ったりすると周囲の同僚や上司に怪しまれるのではないか?という不安が湧いてきて、ますます悩ましい問題だと思います。

今回は、在職中の転職活動がバレない方法とは?そのときクビになるのか、さらにはリスクに関しても解説をしていきたいと思います。


転職活動がバレるケースとは?

転職活動がバレない方法を考えるには、バレた時の状況を考えると良いかもしれません。

転職活動をしていることが会社にバレてしまった人に話を聞くと、休暇取得の理由でバレることが多いようです。

一番多いのは、自身の体調不良を理由として何度か休暇取得をした、というケースです。

あまりに体調不良が多いので周囲が心配してしまい、色々聞かれていくうちに…というパターンです。

他にも、私用を理由にした場合が続くと怪しまれるようです。

これらの事から考えると、休暇取得の理由は突っ込まれてもちゃんと話しができるような理由にする必要があると思います。

他にも、転職活動がバレる事例があります。

・着信の表示でバレた

・会社のメールでやり取りしていてバレた

・エージェントや応募先企業からの電話を会社の中で受けていて聞かれてしまった

これらのケースは、細心の注意を払うことで防げるかと思います。

稀なケース

・面接先の企業のビルに入ったところを見られた

・普段着ていないスーツを着ているときにバッタリ会ってしまった

偶然を恨むしかないようなケースもありますが、このようなケースは致し方ない、と開き直るしかないと思います。

転職活動がバレるとクビになる?

それでは、転職活動がバレた場合、クビになることはあるのでしょうか?

それについては、会社の職務規定や会社の状況によります。

転職活動がバレてしまえば、会社に居づらくなることは十分に考えられるでしょう。

しかしクビになるということは少ないと思います。

クビにならない、と断定できないのは、その会社の職務規定によるところが大きいからです。

つまり転職活動によって、職務規定違反になるような行為をしてしまったケースです。

クビになるかもしれない状況とは?

例えば会社貸与の車両を不正に使用してしまったり、交通費を不正に請求したなどと認定されると、懲戒対象になる可能性があります。

転職活動によって、規定違反をするようなことは避けなければなりません。

転職活動がバレた時のリスクとは?

バレてしまった場合のリスクはクビになるかもしれないこと以外にも、他にもいくつかあります。

先述しましたが、会社に居づらくなる、ということが一番のリスクだと思います。

仕事を振られなくなったり、遠回しに早期の退職を勧められたり、という事例も多く聞いています。

雇い主側の企業の視点から考えると、辞めようとしている人を残しておくと、組織の士気にも関わります。

また機密情報漏洩のリスクもありますので、早期に排除する、という行動に出ることは十二分に考えられます。

転職する際の注意点とは?

現職の会社と転職先の会社を比較して選択したいという方もいらっしゃると思います。

転職活動をして良い企業が無ければ、今の会社で頑張りたいと考えている場合、現職の会社には細心の注意を払わなければならないでしょう。

転職活動をしているときは、現職の会社への気持ちが薄れている状態です。

そのため注意が散漫になり、雑なことをしてしまうなど、脇が甘くなりがちです。

余計な揉め事や心配事を起こしたくなければ、細心の注意を払って行動をすることをおすすめします。

転職する上での覚悟とは?

転職は個人の自由です。

あなたには会社を選択する権利があり、責任があります。

ですから転職にはそれなりの覚悟が必要です。

今の会社に残るのか、それとも辞めて転職するのか、いつかは選択を迫られます。

厳しい言い方になりますが、残るなら覚悟を決めて残り、転職するならクビのリスクも背負って活動するしかありません。

しかし、現職で頑張っている上司や同僚がいるわけですから、その人たちに中途半端な迷惑をかけてはいけません。

職務規定は守りつつ、自分の人生は自分で選択して良いのです。


さいごに

是非細心の注意を払って活動をしてください。

転職することであなたは新しい一歩を踏み出すことができます。

現職の会社には配慮しつつ、転職活動を進めてください。

あなたの新しい第一歩を応援しています。

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2018年11月13日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承ください。

関連記事

こちらもおすすめ

  1. 18.10.29
    【在職中の転職】履歴書の書き方のコツとは?記入例で詳しく解説 転職準備

  2. 18.10.17
    【転職準備】内定の期間は?3つのケースからキャリアコンサルタントが解説 転職準備

  3. 18.11.13
    在職中の転職活動がバレない方法とは?キャリアコンサルタントが解説 転職準備

  4. 18.08.07
    転職準備!失敗談から学ぶ3つの成功のコツとは?人事コンサルが解説 転職準備

  5. 18.10.19
    【転職準備】一般常識や適性検査の対策方法は?キャリアコンサルタントが解説 転職準備

  6. 18.07.12
    転職準備で資格取得はアリ?おすすめ資格ランキングで人事コンサルが解説 転職準備

Menu