20代女性に!事務職へ転職成功5つのコツは?キャリアコンサルタントが解説

普段、お仕事をする中で「事務職に転職したい」と感じることってありませんか?

実際、営業職や販売職など、顧客との接点が多い仕事に就いている20代女性の多くが、事務職への転職を希望されます。

事務職への転職を希望される方の多くは、現職の業務内容や働き方などから、

「長く働き続けるイメージが持てない」

「結婚や出産後も、働き続けられるイメージが持てない」

という将来への不安を感じ、事務職に転職したいと考えるようです。

また担当業務内容、転勤、福利厚生面など、会社や組織自体への不満を感じている方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、20代女性向けに事務職への転職を目指す上でのポイントを解説します。

>>20代女性の転職!転職理由・事務職・資格他〜専門家解説まとめ

転職成功に不可欠な3つのこと

理想の転職を実現するためには、

「相手(=仕事内容)を知ること」

「相手(=企業)にアピールする内容を整理すること」

「出会う機会を多く作ること」

上記3つがまず大切になります。

今回はそのことを念頭に置いて、理想の転職を実現するための5つのコツを伝授しようと思います。

事務職は狭き門?

現在の転職市場は売り手市場と言われており、求人数が非常に多く、転職希望者にとっては選択肢が多いと言われています。

しかし、事務職はその限りではありません。事務職への転職を希望する人が多く、実態は狭き門となっています。

特に「正社員の事務職」は人気が高く、非常に難易度が高くなっています。

転職を希望する方の多くは、現職に就きながら転職活動をされると思います。

また、事務職の狭き門を突破するには、数少ない機会を確実に「もの」にする必要があります。だからこそコツが大切になるのです。

事務職への転職成功5つのコツ

1.事務職の仕事内容を知る

当たり前のように感じるかもしれませんが、意外と事務職への転職を考えている多くの方が、「事務職とはどんな仕事なのか」ということを知らずに転職活動をしていると感じます。

仕事内容を知らずに転職活動を進めて行くことは、いわば結婚相手の顔と名前しか分からないのに、結婚を決めることと同じことであり、あなたのキャリアにとって望ましいことではありません。

また、非常に非効率な活動をしているとも言えます。

経験上、事務職の仕事に関して、多くの方が誤解をしていることが多いと感じています。

そこで事務職とは具体的にどのような仕事なのかをまず説明しようと思います。

事務職は単純で楽な仕事?

「事務職」という仕事に対して、多くの方が「単純作業」「パソコンに向き合う仕事」「定時に帰れる」など「楽な仕事」をイメージしているのではないでしょうか。

事務職とは「組織や人(社員)をサポートする仕事」であり、そのサポート内容は多岐に渡ります。

もちろん、書類の整理や会議の準備、お客様への応対、データの入力などのパソコンを使った単純作業が、大半を占めることは間違いありません。

しかし、営業事務や貿易事務、人事事務(採用や労務)、経理事務、法務事務など、専門的な知識や資格が必要な事務職も多くあります。

会社によっては英語力が必要な事務職もあり、「楽で単純な仕事」というイメージとは大きくかけ離れているケースもあります。

このように、専門的なスキルを身に付けることが出来る仕事も多くあるのです。

一方で、サポートをする仕事だからこその大変さもあります。サポートする人との相性はもちろん、納期が厳しい仕事を頼まれることもあります。

自分ではコントロールできないことが多く、ストレスを感じる人も多いようです。

このように「楽な仕事」というイメージとは大きくかけ離れた、事務職の大変さを知っておくことも大切なことです。

2.活かせる経験を整理する

事務職に限ったことではありませんが、活かせる経験を整理することは転職活動成功の大きなポイントとなります。

事務職への転職を考える場合は、以下の2点を事前に整理しておきましょう。

パソコンスキルをどの程度習得しているのか?

以下のスキルを習得していると、評価は高くなります。

・ExcelやWord、PowerPoint

・Access

就きたい仕事に活かせる経験は何か?

先ほどお伝えしたように事務職にはたくさんの仕事があります。その内容に近い経験を全て整理しておきましょう。

例えば、書類の作成や電話応対、誰かのサポートをしていた経験などは、どの職種にも活かせます。

3.雇用形態の選択肢を幅広く持つ

事務職には正社員、契約社員、派遣社員など様々な雇用形態が存在します。

特に正社員の求人数は多くないこと、経験者を募集するケースが多いことから転職実現難易度が高くなっています。

未経験から転職する際には、雇用形態の選択肢を幅広く持つことが大切です。

4.希望の仕事の選択肢を幅広く持つ

先ほどもお伝えしたように事務職には多くの職種があり、仕事内容も様々です。

未経験からの転職を考えている場合は、何か1つに絞るのではなく、選択肢を幅広く持ち、本当に自分にあった仕事を探すことが大切です。

5.多くの企業の面接に行く

事務職は、会社によって仕事内容が違います。

またサポートする仕事は、誰をサポートするのかということが、大切な要素になります。

だからこそ時間と体力の許す限り、多くの企業に面接に行き、本当に自分にあった会社、仕事を見つけることが大切です。

本当に良い会社に巡り合うには、求人票を見るだけではなく、実際に訪問して見てみることが大切です。

さいごに

事務職への転職のコツ、ご理解いただけましたでしょうか。

どんなことにも共通することだと思いますがまずは、

「相手(=仕事内容)を知ること」

「相手(=企業)にアピールする内容を整理すること」

「出会う機会を多く作ること」

が大切です。

事務職は昨今多くの女性に人気があり、非常に狭き門となっています。

一般的なイメージに流されるのではなく、しっかりと調べること、知ること、準備することで、ご自身のキャリアにとって本当に良い会社に巡り会えると思います。

みなさんに素晴らしい出会いがあり、長く働き続けることが出来る仕事や会社と出会えることを願っています。

>>20代女性の転職!転職理由・事務職・資格他〜専門家解説まとめ

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

関連記事

  1. 18.07.04
    20代女性の転職先人気職種とその理由は?キャリアコンサルタントがご紹介 女性の転職

  2. 18.07.03
    20代女性の転職理由!3つの本音って?キャリアコンサルタントがご紹介 女性の転職

  3. 18.07.06
    20代女性の転職に重宝する5つの資格って?キャリアコンサルタントが解説 女性の転職

  4. 18.07.01
    20代女性に!事務職へ転職成功5つのコツは?キャリアコンサルタントが解説 女性の転職

  5. 18.08.27
    20代女性の転職!転職理由・事務職・資格他〜専門家解説まとめ 女性の転職

Menu