20代女性の転職理由!3つの本音って?キャリアコンサルタントがご紹介

「みんな転職してるし、若いうちなら転職できそう」

「仕事に不満もあるし、私も転職しようかな…」

と考えてみるものの、本当にこんな理由で転職しても良いのだろうか?と不安になる方が多いようです。

有効求人倍率が過去最高を更新し続け、転職をすることが当たり前になりつつある世の中になっています。

転職サイトやエージェントがたくさん広告を出したりCMを流したりしていることもあり、年々転職相談に来る方が非常に増えています。

>>20代女性の転職!転職理由・事務職・資格他〜専門家解説まとめ

他の人の転職理由って気になる…

あなたの周りにも転職をしている方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

転職希望者の方と面談をしている中で良く聞かれる質問の1つに、「他の人の転職理由はどんなものが多いですか?」というものがあります。

転職は人生にとって非常に大きな決断ですから、不安になるのも最もだと思います。

そこで今回は、「本当にこんな理由で転職してもよいの?」と考えているあなたに、今回は私の経験の中から、20代女性の転職理由における、3つの本音をお伝えしたいと思います。

他の人の本音の転職理由を知ることはなかなかない機会ですので、是非あなたが転職を考える上での参考にしていただければと思います。

転職理由って?公式に分解すると…

そもそも転職理由ってなんでしょうか?

私見ですが、転職理由をさらに踏み込んだ形で理解されていない方が多いと感じます。

転職理由は面接で聞かれる質問の中でも、最も大切な質問だと言っても過言ではありません。

転職理由をもう一歩踏み込んだ形で理解することが、転職活動成功に向けた大切なポイントとなります。

それでは転職理由を以下のように分解して公式にしてみます。

転職理由=退社理由(きっかけ)+転職目的(実現したいこと)

先ほど私は、転職理由をさらに踏み込んだ形で理解されていない方が多いと感じる、とお伝えしたのは、転職理由を退社理由だと思っている方が多い、ということです。

退社理由(きっかけ)はいわゆる本音だとお考えください。

転職を考えるきっかけは大体ネガティヴです。

ネガティヴな理由を伝えられた面接官は、この人はまた同じような理由で転職するのではないか、と懸念します。

だからこそ、転職目的(実現したいこと)が大切になります。

転職目的を伝えることで、転職が前向きなものと感じることができ、面接官の印象も非常に良くなります。

今回私からお伝えするのは、本音の転職理由ですので、先述した転職理由の公式でいうところの、退社理由(きっかけ)になります。

転職理由(退社理由)の本音

もうこんな会社嫌だ!現状不満系

退社理由で圧倒的に多いのが、「もうこんな会社嫌だ!現状不満系」です。

これは今も昔も、性別問わず全年代共通であり、メジャーな退社理由です。

上司や同僚との相性

ではこの場合、どんなところに不満を感じているのか具体的にお話すると、まずは人間関係が挙げられます。人間関係は上司や同僚との相性が圧倒的に多いです。

「相手の話し方や雰囲気が、生理的に受け付けない」とストレートにお話になる方も、中にはいらっしゃいます。

また、最近話題に上がることの多いパワハラやセクハラも良く出てきますが、セクハラよりはパワハラが圧倒的に多いと感じます。

働く環境

次に多いのが、働く環境に関する理由です。

例えば、残業時間や残業代の支給方法、休日日数、家からの通勤時間など、昨今のワークライフバランスの充実や働き方改革、といった言葉の流行とともに、最も増えてきている理由と言えます。

会社自体への不満

その次に多いのは、会社自体への不満です。会社の事業の将来性や商品に関する不満をおっしゃる方は昔から一定数いらっしゃいます。

やっぱり私は〇〇がしたい!自己実現系

20代に特に多い退社理由が、「やっぱり私は〇〇がしたい!自己実現系」です。

この自己実現系退社理由をさらに3つに分類してみます。

「一度は断念した夢を叶えたい!」

1つ目は、「一度は断念した夢を叶えたい!」という夢叶える系です。

昔からの夢だったウエディングプランナーやネイリスト、デザイナーへの転職を実現する人などもいました。

「憧れの会社に入りたい!」

2つ目は、「新卒の就職活動時に叶わなかった憧れのあの会社に入りたい!」というリベンジ転職系です。

根拠はありませんが、新卒よりも第二新卒の方が入りやすい、とまことしやかな噂が流れていることも大きな理由かもしれません。

リベンジ転職を成功させている方が増えていると感じますが、これは最近の売り手市場における象徴的な事象だと感じています。

「〜のキャリアを積みたい!」

3つ目は「私は〇〇のキャリアを積んでいきたい!」という将来設計系です。結婚や出産を視野に入れ、ライブイベントに左右されない安定したスキルを手に入れたいと考え、難関資格の取得や専門性の高い職種への転職を考える方も多くいらっしゃいます。

「登録していたら、たまたま声がかかった!」スカウト転職系

周りのみんなが転職しているから、

「どんなものかな…と思って転職サイトに気軽な気持ちで登録したら、企業から面接確約のスカウトメールが来たのでなんとなく面接に行ったら転職していました」

という声も最近よく聞きます。

そんなに転職するつもりはなかったけど、これも何かのご縁なので、と偶発的なキャリア形成を実現していく方が多いという事象も、昨今の売り手市場の特徴だと考えています。

さいごに

20代の女性の本音の転職理由、いかがでしたでしょうか。

転職理由に正解はありません。転職理由は十人十色だと思います。

このコラムを読んでいただいたことをきっかけに、転職理由を退社理由(きっかけ)と転職目的(実現したいこと)に分けて考えることを実践してみてはいかがでしょうか。

転職目的(実現したいこと)を考えてみたときに、初めて「本当に自分が何をしたいのか」に気づき、あなたとって素晴らしい出会いがあると思います。

不安なこと、悩ましいことが多いと思いますが、是非一歩を踏み出してみてください。

>>20代女性の転職!転職理由・事務職・資格他〜専門家解説まとめ

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

関連記事

  1. 18.07.04
    20代女性の転職先人気職種とその理由は?キャリアコンサルタントがご紹介 女性の転職

  2. 18.08.27
    20代女性の転職!転職理由・事務職・資格他〜専門家解説まとめ 女性の転職

  3. 18.07.01
    20代女性に!事務職へ転職成功5つのコツは?キャリアコンサルタントが解説 女性の転職

  4. 18.07.03
    20代女性の転職理由!3つの本音って?キャリアコンサルタントがご紹介 女性の転職

  5. 18.07.06
    20代女性の転職に重宝する5つの資格って?キャリアコンサルタントが解説 女性の転職

Menu