20代女性の転職先人気職種とその理由は?キャリアコンサルタントがご紹介

みなさんは、会社や仕事で嫌なことがあり「転職しよう!」と心の底から思って家路に着いた…なんて経験はありませんか?

家に帰って早速パソコン立ち上げて…、いや、もしかしたら帰宅中の電車の中で、転職サイトやエージェントに登録した、という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、転職はしたいけれども、やりたいことは明確にないし、どんな求人を選べば良いか分からない、という方に向けて人気の職種をいくつかご紹介させていただきたいと思います。

今は空前の売り手市場

転職サイトに登録した瞬間、企業からスカウトのメールが大量に届くかもしれません。

そしていくつかの転職エージェントから一斉に電話がかかってきます。

登録日以降、洪水のように一斉に押し寄せる大量の求人を見て、もはや自分宛なのかも分からない状態になります。

気持ちが萎えて退会する、もしくはそっとサイトを閉じて二度と見ない、そんな経験をお持ちの方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

ご存知のように、昨今の転職市場は超売り手市場と言われています。

つまり、転職希望者1人あたりの求人枚数が多いという状態です。

もっと噛み砕いて言うと、選べるほど、いや、選べないほどたくさん求人がある状態なのです。

人気業界から進路を決めるのはアリ?

ある時期になると、メディアを賑わせる人気業界や人気職種の特集記事。みなさんも一度は目にしたことがあるのではないかと思います。

実は、人気業界や人気職種の特集記事を見て自分の進路を決めた、という人が驚くほどたくさんいらっしゃいます。

この事象に対して「嘆かわしい」と感じる方もいらっしゃいます。

しかし、どんなきっかけであれ、自身の思考やキャリアに向き合うことが大切であり、結果として納得度の高い就職や転職が出来れば良いのではないかと、私は考えています。

予期しない偶然性が8割?

仕事を選ぶことは本当に難しいことだと感じています。

ある仕事を選んだことにより、自分の人生や、歩むべきキャリアが決まってしまうかもしれない、というある種の怖さを感じるかもしれません。

みなさんは、「プランド・ハプンスタンス・セオリー(計画された偶発性理論)」という理論を聞いたことがありますか。

「プランド・ハプンスタンス・セオリー」は、スタンフォード大学のジョン・D・クルンボルツ教授が20世紀末に提案したキャリア理論です。

この理論をやや乱暴ではありますが、簡単にまとめさせていただくと、以下の2つに集約されます。

・個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される
・その偶発的なことを計画的に導くことでキャリアアップをしていくべき

分かりやすい具体例を挙げてみたいと思います。

みなさんも仕事を選ぶとき、人との出会いが決め手となった方も多いのではないでしょうか。

「プランド・ハプンスタンス・セオリー」では、個人のキャリアはそうした予期しない出来事の積み重ねで作られる、と考えています。

個人のキャリアの8割は予期しない偶発的なことによって起こるのです。

そう考えると、現在人気のある職種を知ることは、あなたにとって良いきっかけとなるかもしれません。

それではこれから、20代の女性に人気の職種を3つ紹介したいと思います。

20代女性の転職先!人気職種3選

一般事務職

圧倒的に人気が高いのが一般事務職です。

事務職とは「組織や人(社員)をサポートする仕事」であり、そのサポート内容は多岐に渡ります。

営業事務や貿易事務、人事事務(採用や労務)、経理事務、法務事務など、専門的な知識や資格が必要な事務職も多くあります。

会社によっては英語力が必要な事務職もあります。

一般事務職といえば「楽で単純な仕事」というイメージを持たれますが、単純な入力作業だけでなく、専門的なスキルを身に付けることの出来る仕事も多くあり、人気の理由となっています。

また、結婚や出産、配偶者の転勤などのライフイベントによって転職せざるを得ない状況になっても、一般事務職はどんな企業にも必ずある職種であることから、職を得やすいと言われていることも大きな理由となっています。

他の理由としては、営業や販売などの方で、顧客対応や業績目標を持って仕事をすることに疲れた方が、サポート側に回りたいと考える、ということもあります。

医療事務職

医療事務職は、求人の量が多く、また景気の変動に影響されにくい職種と言えます。

他の多くの資格と比較して独学で資格取得がしやすいことから、女性に人気の職種の1つです。

また、職場となる医療機関は全国各地にありますので、家族の転勤や出産・育児後も社会復帰しやすいことが、人気のある大きな理由となっています。

キャリアコンサルタント

転職エージェントに相談した時に、「担当してもらったキャリアコンサルタントのようになりたい!」とお考えになる方が意外に多いです。

キャリアコンサルタントの豊富な知識や丁寧なサポートに感激して、自身の職業にしてみたいと感じるようです。

キャリアコンサルタントになれば、人の人生に大きな影響を与える使命感、直接感謝される喜びなど、他の仕事ではなかなか経験できない喜びを感じることができます。

また、「キャリアコンサルタント」は、平成28年4月より国家資格になっています。

国家資格を取得することで、今後ますます社会的意義が高まっていくキャリア形成のプロとして、生涯のキャリアを築きたいと考える方が多いようです。

他にも、独立開業しやすい、時間や働く場所などの融通がききやすいなど、働き方の側面において人気のある理由となっています。

さいごに

20代の女性は、他の年代や男性の方と比較して、中長期の観点で転職を考えていらっしゃる方が多いと感じています。

前述の「プランド・ハプンスタンス・セオリー」では、「個人のキャリアの8割は予期しない偶発的なことによって決定される」とお伝えしました。

ジョン・D・クルンボルツ教授は同時に「偶然の出来事」を「プランド・ハプンスタンス(計画された偶発性)」に変えるには、

好奇心

・持続性

・柔軟性

・楽観性

・冒険心

が必要だとしています。

自分なりの意志を持ってキャリアを選択しようとするからこそ、偶発的なことが起きるのではないでしょうか。

意志を持ってキャリアを築こうと人生を模索するすべての人を、心から応援しています。

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

RECOMMEND こちらの記事も人気です。

  1. 18.07.04
    20代女性の転職先人気職種とその理由は?キャリアコンサルタントがご紹介 女性の転職

  2. 18.07.01
    20代女性に!事務職へ転職成功5つのコツは?キャリアコンサルタントが解説 女性の転職

  3. 18.07.03
    20代女性の転職理由!3つの本音って?キャリアコンサルタントがご紹介 女性の転職

  4. 18.07.06
    20代女性の転職に重宝する5つの資格って?キャリアコンサルタントが解説 女性の転職

Menu