20代女性の転職に重宝する5つの資格って?キャリアコンサルタントが解説

あなたは転職をしようと考えた時に、何か武器になる資格があったらいいのに…と思ったことはありますか?

大企業でも経営破綻してしまう昨今ですが、経済や企業、組織、個人のキャリア形成にいたるまで、ありとあらゆるものを取り巻く現在の社会経済環境は、将来の予測が困難な時代だと言われています。

これらの要因をVolatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧)の頭文字をつなぎ合わせた造語で、「VUCA(ブーカ)」と表現されています。

また、この予測不能で想定外のことが次々と起こる不安定な現在の世の中は「VUCAな時代」と表現されています。

このような時代や社会環境を反映して、多くの転職希望者が、いつどんな時代でも通用するスキルを身に付けたいと考えています。

そこで今回は、20代女性向けに転職の際に重宝する資格についてご紹介していきます。

資格取得=転職成功ではない

まず前提として知っておいていただきたいのですが、資格を保有しているだけで転職が成功する訳ではありません。

資格は、あなたが保有している知識やスキルを証明するものですが、それが全てではないのです。

特に「資格を取得したら、未経験でも希望の職種に転職できる」と考えている方には知っておいていただきたいと思います。

資格を取得して、希望の職種に就こうと考えた時に、資格を保有していることに加えて、「活かせる経験を保有している」もしくは「今までの経験が活かせる」ことを上手くアピールすることが大切です。

今回は、世の中に多数ある資格の中から、20代の女性が保有していると転職する際に重宝する資格をいくつかご紹介したいと思います。

全ての資格を網羅しているわけではありませんので、私の経験と独断によるご紹介ではありますが、少しでもお役に立てれば幸いです。

20代女性の転職に!おすすめ資格5選

秘書検定

秘書検定とは「秘書になる為の資格」というより、「社会人として必要なマナーや、一般常識を身につけることが出来る資格」です。

職場で実際に活かせる場面が多いことから、毎年多くの方が受験する人気資格で、礼儀作法やマナー全般が身につきます。

そのため、保有しているだけで就職や転職活動のアピールにも有効である資格だと言われています。

試験内容は、名刺交換から接客マナー・文書作成・冠婚葬祭まで、幅広く知識等を問われるものとなっています。

社会人として必要なマナーや知識を一通り身につけることができるので、どんな仕事にも役に立つと言われています。

医療事務

医療事務職は、求人の量が多く、また景気の変動に影響されにくい職種です。

また、他の多くの資格と比較して独学で資格取得がしやすいことから、女性に人気の職種の1つです。また、

職場となる医療機関は全国各地にあり、家族の転勤があった場合や、出産・育児が落ち着いた後に、社会復帰しやすいことで人気があります。

一般的に「医療事務」と一括りにされて呼ばれていますが、これは1つの資格ではなく、「医療現場の事務に関する資格」ということで、その種類は数多く存在します。

それぞれに取得の難易度などか違いますのでご自身で調べて見てください。

医療事務職では、パソコンの入力作業スキル、接客応対、電話対応などの経験が活かせます。

MOS

MOSはMicrosoft Office Specialistの略称で、数多くあるパソコン資格の中でも比較的認知度が高く、人気の資格だと言われています。

Word、Excel、Power Point、Access、Outlookの計5科目があり、科目ごとの受験が可能です。この中で特に保有している方が多いと感じる科目はWordとExcelです。

また、保有していると非常に重宝されるのはAccessです。

MOSはいわゆる「事務職」への転職に活かせる資格です。

保有していることでスキルレベルが分かることから、採用する企業担当者からも重宝されています。

当然ではありますが、実務での使用経験もあるとより重宝されます。

簿記技能検定

簿記とは、いわゆる「経理職や経理事務職」で活用できる資格で、企業規模や業種、業態を問わず、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営と財政の状態を明らかにする技能を証明する資格です。

一般的に知名度が高く人気のある資格は日商簿記検定だと言われています。日商簿記検定の中でも転職活動で有利だとされているのは、日商簿記検定二級です。

二級を保有していると未経験から経理職への転職が可能であり、管理部門でスキルを身に付けたい、専門的なスキルを身に付けたいと考える方に非常に人気があります。

ただし、二級は合格難易度が高いため、現職を退職して十分な勉強時間を確保し、資格取得にチャレンジする方が多いのも特徴です。

まずは三級から取得することをお勧めします。

ITパスポート

ITを利活用するすべての社会人が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

昨今、IOTやAIといった言葉が頻繁にメディアを賑わせています。

今は何をするにもITの知識が不可欠な時代です。だからこそ、ITパスポートは重宝されます。

ITパスポートと言うと、技術系や理系の人向けの資格だと思われがちですが、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。

少し敷居が高い資格だと思われると思いますが、最近は女性の取得者も多く、今後の時代の流れを想像すると、重宝される資格のうちの1つだと考えています。

さいごに

いかがでしたでしょうか。資格は難易度が高い国家資格であれば重宝されることは間違いありません。

しかし取得するには多大な時間をかけ、努力することが必要です。

資格取得を「自身のスキルや知識の証明」と捉えると、転職活動において有利になる資格が数多く存在します。

是非この機会に、資格について調べていただき、あなたのスキル強化の一助となれば幸いです。

不確実性の高いこの世の中を生き抜いて行く力を身に付けて、あなたが納得できる転職を実現していただきたいと思います。

鈴木祐美子

キャリアコンサルタント

RECOMMEND こちらの記事も人気です。

  1. 18.07.06
    20代女性の転職に重宝する5つの資格って?キャリアコンサルタントが解説 女性の転職

  2. 18.07.01
    20代女性に!事務職へ転職成功5つのコツは?キャリアコンサルタントが解説 女性の転職

  3. 18.07.04
    20代女性の転職先人気職種とその理由は?キャリアコンサルタントがご紹介 女性の転職

  4. 18.07.03
    20代女性の転職理由!3つの本音って?キャリアコンサルタントがご紹介 女性の転職

Menu